あか牛Dining yoka-yokaで「あか牛」を食べる

食べ物・料理

熊本滞在1日目の夕食は、お肉を食べてきました。

熊本のお肉といえば?

僕がパッと思いつくのは、馬刺しです。

しかし、今回食べたのは「あか牛」、牛肉です。

「あか牛」って何?

「あか牛」って知ってました?僕は知りませんでした。今回、熊本に来て初めてこの「あか牛」という言葉を知りました。

一般的な和牛は「黒毛」ですが、「あか牛」というのはその名の通り褐毛(赤毛)の和牛のことです。黒毛に比べて圧倒的に飼育頭数が少ないようで、熊本、長崎、高知、北海道など限られた地域でしか飼育されていないそうです。

黒毛に比べて赤身が多く、脂肪が少ないのが特徴とのこと。

詳しくはこちらをご覧ください。

熊本県畜産農業協同組合連合会(公式ホームページ)
熊本県畜産農業協同組合連合会のトップページです

熊本空港で入手したフリーペーパーを見てみると、馬肉と同じくらいこの「あか牛」をメニューで提供しているお店が沢山ありました。

そして、その中で「おひとりさま」でも入りやすそうなお店を見付けたので、行ってきました。

あか牛Dining yoka-yoka

ホームページはこちら。

http://www.yokayoka-ginzadori.com

地図も載せておきますね。

熊本市内の繁華街、大きな通りに面しているので見付けやすいです。

目印は、この赤い牛。

看板メニューは、「あか牛丼」で、夜はさらにコースメニューにする事が出来ます(単品でも注文可)。

お店の前でメニューを眺めていると、中から店員のおねーさんが出てきて声をかけられたので、そのままホイホイ入店してしまいました。

もちろん、注文したのは「あか牛丼コース」です。3,000円なり。

「あか牛丼コース」を頼んでみた

前菜もお肉です。左からそれぞれローストしたチキン、ビーフ、ポークの三種盛り。

こちらは本日の一品。パテのようなものと、ポテトサラダ。盛り付けがオシャレです。

そしてこちらがメインの、あか牛丼。ローストビーフに温玉が乗っかっています。

アップでどうぞ。

あか牛丼にはローストビーフのタレ(ソース)がかかっていたのですが、タレ無しの方がお肉の味をじっくり堪能できたのではないかな〜と感じました。このお肉なら、塩コショウをほんの少し振るだけで十分でしょう。

あと、カップスープとドリンク一杯がついて、お値段3,000円です。

肉、肉、肉、と堪能できたので、満足です。

他にもこのお店では、ステーキとかハンバーグとかシチューとか、ローストビーフカレーとか、惹かれるメニューが盛り沢山でした。一人では食べきれないので諦めました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました