Apple TVの美しいスクリーンセーバー「Aerial」をWindowsにインストールする方法

インターネット

Apple TVには、世界各地の景色を空撮した映像を流す、「Aerial」というスクリーンセーバーがインストールされています。

この「Aerial」をWindowsにもインストールすることが出来るのです。

▼Mac版が欲しい方はこちら。

Apple TVの美しいスクリーンセーバー「Aerial」をMacにインストールする方法
(2020年9月追記) こちらは旧バージョンの記事です。最新バージョンの記事はこちら。 (追記おわり) Apple TVには、世界各地の景色を空撮した映像を流す、「Aerial」というスクリーンセーバーがインストー...

Apple TVの美しいスクリーンセーバー「Aerial」をWindowsにインストールする方法

この記事では、入手方法を紹介します。

「Aerial」とは?

「Aerial」とは、Apple TVにインストールされているスクリーンセーバーです。

YouTubeで「Apple TV Aerial」というキーワードで検索すると、どんな映像が流れるのか確かめることが出来ます。

もし気に入ったら、インストールしてみましょう。

「Aerial」のダウンロード

「Aerial」はオープンソースのソフトウェアで、Mac版、Windows版、Linux版が開発されています(開発者はそれぞれ別の人)。

まずはプロジェクトのページにアクセスしてスクリーンセーバーをダウンロードしましょう。

▼プロジェクトのページはこちら。

cDima/Aerial
Aerial Apple TV screen saver for Windows. Contribute to cDima/Aerial development by creating an account on GitHub.

英語のページですが、それほど難しくないので、安心してください。

▼アクセスするとこのような画面が表示されます。

少し下にスクロールしましょう。

▼ダウンロードのリンクはこちら。

OSごとにリンクが分かれていますが、どちらも同じページへのリンクです。

▼最新リリースのページが表示されます。

この記事を公開した時点の最新版はV6.1でした。

「Aerial.zip」をクリックしてダウンロードします。

するとZIPファイルのダウンロードがはじまります。

ファイルサイズはそれほど大きくないので、すぐにダウンロードが完了します。

ダウンロードが出来たらZIPファイルを解凍して、インストールしましょう。

▼以降の手順はこちらの記載通りに進めば大丈夫のようです。

まとめ

Windowsを持っていないので、後半の手順は省略してしまいましたが、多分難しくないでしょう。

これで綺麗な景色を楽しんでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました