「タッチでGo!新幹線」サービスは領収書が発行されないので、仕事で利用する人は注意しよう!

シェアする

2018年4月1日から、JR東日本で「タッチでGo!新幹線」のサービスがスタートしました。

このサービスは、事前に特急券を購入することなく新幹線に乗車できるものです。

さっそくApple WatchのモバイルSuicaで利用してみましたが、思わぬ落とし穴(ちゃんと説明を読んでいれば気づいたこと)がありました。

これまでの記事はこちら。

▼利用登録をしてみた。

2018年4月1日から、JR東日本で「タッチでGo!新幹線」のサービスがスタートしました。 このサービスは、事前に特急券を購入すること...

▼実際に利用してみた。

2018年4月1日からJR東日本で「タッチでGo!新幹線」のサービスが開始されました。 このサービスは、事前に特急券を購入することなく...
スポンサーリンク

「タッチでGo!新幹線」サービスは領収書が発行されないので、仕事で利用する人は注意しよう!

「タッチでGo!新幹線」は、交通系ICカードにチャージされていた金額から、新幹線の料金を引き落とす仕組みになっています。

在来線と同じ仕組みで料金が引き落とされるため、領収書が発行されません。

このことは、FAQのページにしっかり記載されています。

▼よくあるご質問 | タッチでGo!新幹線:JR東日本

チケットレスで新幹線自由席に乗れる「タッチでGo!新幹線」について、よくあるご質問をご紹介します。

このページのQ15には、以下のように記載されています。

「タッチでGo!新幹線」を利用した分の領収書は発行できますか?

ICカードへのチャージにつきましては、チャージをした自動券売機等で領収書を発行しています。「タッチでGo!新幹線」をご利用になった記録につきましては、自動券売機等で履歴印字を行うことでご確認いただけます。

個別の乗車履歴に対しては領収書が発行されず、チャージした際の領収書か、乗車履歴を券売機で印字することで、乗車したことを証明する必要があります。

やっぱりモバイルSuicaが便利かも

仕事で利用する人は領収書を発行してもらう方が精算手続きが楽だと思うので、モバイルSuicaで特急券を購入する方が便利かもしれません。

モバイルSuica特急券で指定席券を購入する場合と同じ料金ですし、「タッチでGo!新幹線」を積極的に利用する必要はないかもしれません。

おしまい。

The following two tabs change content below.
宇都宮市在住のエンジニア(今のところは)。 趣味はスキー、マラソン、バイクツーリング、料理、カメラ、ガジェットなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」を仕事にするために一念発起し、人生の方向転換中。