フォレスターで雪道を走る。VDCの挙動について

クルマ、バイク、自転車

この冬は志賀高原で暮らしています。

フォレスターの雪道運転は、ほとんど不安がありません。

今回は、フォレスターで雪道を走ったときに、VDCがどんな条件で作動するのかを試してみました。

フォレスターで雪道を走る。VDCの挙動について

(まえおき)VDCとは?

VDCとはVehicle Dynamics Controlの略で、横すべりや尻振りなど、車両の不安定な挙動を制御する機能です。

VDCというのはスバルが使用している名称です。

一般的には「横滑り防止装置」と呼ばれるもので、最近の車のほとんどに類似の機能が搭載されています。

しかし、この機能の名称は各社で自由に名称を決めているため、名称が統一されていません。

▼Wikipediaの説明もご覧ください。

https://ja.wikipedia.org/wiki/横滑り防止装置

雪道を走った時のVDCの挙動

グリップの弱い雪道で、ステアリングを切ってコーナリングしているとき、VDCがいつ介入するのかを観察してみました。

フロントが少し滑っている状態

最初にフロントが少し滑り始めます。

これは、弱アンダーステア状態です。

ドライバーにはフロントが滑っている感覚が伝わってくるので、特に不安な感じもありません。

アンダーステアを解消するには、少し速度を落とせばフロントのグリップが回復します。

車両の挙動としては、意図した方向に走っているのでまだ不安定な挙動ではありません。

そのため、VDCは介入しません。

フロントとリアが少し滑っている状態

弱アンダーステアからさらにアクセルを踏み込むと、リアが滑り出します。

狙ったラインから、少し外側に膨らみながら走っていきますが、まだリアの滑る量がそれほど多くない場合は、VDCが介入してきません。

少し速度を落とせば、リアのグリップが回復します。

ここでもまだ、VDCは介入しません。

フロントよりリアが多めに滑っている状態

さらにステアリングを急に切ったり、アクセルを煽ったり、急ブレーキをかけるとリアが大きく滑り出します。

これはもう、お尻を振っている状態になるので、スリップしたと判断してVDCが作動します。

VDCがOFFの状態でリアが滑っている状態から回復するには、逆ハンドルを切ったり少し難しい操作が要求されます。

しかし、VDCが作動すると4輪に上手くブレーキをかけて、お尻が滑っている状態を解消してくれます。

基本的には、ドライバーは少しステアリングを戻してあげるだけで、安定した挙動に戻ります。

VDCが作動すると、インフォメーションディスプレイに作動状況が表示されます。

まとめ

今回は、少し無茶な運転をして、どれくらいでVDCが作動するのかを試してみました。

フォレスターの足回りとAWD性能、そして1年目のスタッドレスタイヤということもあり、雪道を走っていても不安定な状態というのはほとんどありません。

そのため、普通に志賀高原の雪道を走っている分にはスリップもしませんし、VDCが作動することもほとんどありません。

フォレスター(SJ5 D型)関連の記事はこちら

スバル フォレスター(SJ5 D型)のまとめページ
2018年7月に購入した、フォレスター(SJ5 D型)のまとめページです。 順次追加していきます。 スバル フォレスター(SJ5 D型)のまとめページ 購入編 ▼購入しました。 ▼購入の経緯など。 ▼...

コメント

タイトルとURLをコピーしました