SJフォレスター乗りがアイサイトツーリングアシストを体験。Ver.3からの進化に感激

クルマ、バイク、自転車

今回、レンタカーで現行インプレッサに乗って、アイサイトツーリングアシストを体験する機会がありました。

ツーリングアシストはVer.3に比べてけっこう進化していたので感激しました。

SJフォレスター乗りがアイサイトツーリングアシストを体験。Ver.3からの進化に感激

僕が所有しているSJフォレスターにはアイサイトVer.3が搭載されています。

クルーズコントロールとアクティブレーンキープの機能は非常に便利で、普段からほぼアイサイトを使って走っているくらいの、ヘビーユーザー?です。

そして今回、レンタカーで現行型のインプレッサに乗る機会がありました。

現行型のインプレッサには、アイサイトはVer.3の次のバージョンであるツーリングアシストが搭載されています。

Ver.3とツーリングアシストは「同じカメラを使っているけど制御部分が進化した」というのは知っていましたが、実際に乗り比べてみるとかなり違いがあったので、どの辺が良くなったのかを紹介します。

クルーズコントロールの速度変化がより滑らかに

Ver.3でも十分スムーズに走っていましたが、ツーリングアシストはさらにスムーズさが増しました。

特に減速時の振る舞いが良くなって、先行車が停止したときのブレーキングのタイミングが早くなり、余裕を持って減速するようになりました。

Ver.3はギリギリまで減速しなかったので少し不安感がありましたが、ツーリングアシストの減速は不安感がありません。

アクティブレーンキープが大幅に進化して違和感はほぼゼロに

Ver.3では「車線からはみ出しそうになったらステアリング制御に介入する」という振る舞いで、ドライバーの意図に反してステアリング操作に介入してくるため、かなり違和感があります。

特に緩やかなカーブでちょっとイン寄りのラインに乗っていると、無理やりアウト側に持って行かれるので、不便でした。

また、アイサイト任せでステアリングを保持していると、左右にフラフラと振られてしまいます。

一方のツーリングアシストでは、「常時、車線中央を走るように弱くステアリング操作に介入しながら、車線からはみ出しそうになったら強めにステアリング操作に介入する」という振る舞いに進化していました。

直進しているときでも常時アシスト力が弱く働いている感じで、急にハンドルを取られるという感じがありません。

緩いカーブを走っているときでも、カーブの曲率に合わせてステアリングの舵角を決めてくれるので、違和感が無くなりました。

また、白線からはみ出しそうになったときでもステアリングの操作量が適切になったことで、左右に揺さぶられる事が無くなりました。

都市間高速道路のように曲率の緩やかなカーブが連続するような道路なら、ほとんどハンドルに手を添えているだけで、上手に車線をトレースして走ってくれます。

停止時にブレーキをホールドしてくれるようになった

Ver.3では、クルーズコントロールで走行中に先行車が完全に停止したあと、ドライバーがブレーキペダルを踏んでしっかり停止状態を保持する必要がありました。

ツーリングアシストでは完全停止してもブレーキを保持してくれるため、ドライバーがブレーキペダルを踏む必要がありません。

そして停止状態から発進するときも、ステアリングのスイッチを操作すれば先行車の発進に合わせて自車も動き出してくれるので、ドライバーはアクセル&ブレーキペダルを踏む必要がありません。

ステアリングのスイッチだけで操作できるのは足が疲れなくて楽チンです。

発進時のギクシャク感が残念

上でスイッチひとつで発進できると書きましたが、発進時の挙動はギクシャク感があってイマイチです。

ギクシャク感というのは、停止状態から巡航速度に至るまでの加速度が一定ではないということです。

これはツーリングアシストが悪いというよりも、リニアトロニック(CVT)の制御がギクシャクしているのが原因でしょう。

このギクシャク感はVer.3の時よりも大きく感じました。

ドライバーは、ある程度は加速度の変化に対する備えが出来ていますが、ドライバー以外の乗客はかなり不快感を感じるかもしれません。

まとめ:ツーリングアシストは上手いドライバーと同じくらい運転上手

Ver.3は「普通の人よりは上手い」というレベルでしたが、ツーリングアシストは「上手い人と同じくらい」の制御が出来ていると思います。

高速道路を巡航するときは(ハンドルを握っている必要はありますが)ほぼほぼアイサイトにお任せで、ドライバーはリラックスしながら運転席に座っているだけで大丈夫です。

最新型のレヴォーグや現行フォレスター(D型)には、ツーリングアシストより次世代のアイサイトが搭載されているので、さらに快適かもしれませんね。

これだけ進化していると、アイサイトのために車を買い換えたくなってしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました