南魚沼市の「うおぬま倉友農園」の直営店でカツカレーを食べる。お米は当然魚沼産コシヒカリ

シェアする

南魚沼と言えば、「魚沼産コシヒカリ」が有名です。

この魚沼産コシヒカリのおにぎりを手軽に食べられるお店があったので、立ち寄ってみました。

スポンサーリンク

南魚沼市の「うおぬま倉友農園」の直営店でカツカレーを食べる。お米は当然魚沼産コシヒカリ

南魚沼市にやって来ました。

ランチをどこで食べようかな?と車で国道を走っていたところ、目に付いたのがこちらのお店でした。

▼お店の外観。

ここはテイクアウトだけでなく、イートインのスペースがあります。

カウンター席とテーブル席があり、壁には有名人のサインもいくつか貼られていました。

おにぎりだけでなく、精米、玄米も直売しています(地方への発送も可能)。

▼Webサイトはこちら。

農園直営のおにぎり屋さん、です。

▼場所はこちら。

すぐ隣にセブンイレブンがあります。

ここでおにぎりを買って、隣のセブンイレブンでおかずを買う、ということもできます。

イートインでカツカレーを食べる

ネットで調べると、おにぎりの他にもイートインでカツカレーが食べられる、という情報があったので、今回はカツカレーを頼んでみました。

▼こちらがカツカレー。

お値段は680円と、お手頃価格です。

カウンターで注文して、イートインスペースで待っていると、店員のおねーさんが持ってきてくれました。

付け合わせは福神漬けと、野沢菜漬けでした。

まずは、ご飯から食べてみます。

おにぎり屋さんですから、ご飯の炊き加減はバッチリです。

ご飯を口に入れると、お米の一粒一粒が適度に弾力があり、ツルツルとした食感で、さらに噛むとお米の甘みが広がります。

▼カツ。

カツも厚みがあって食べ応えがあり、カレーはポークカレーで、家庭的な味でした。

美味しゅうございました。

おわりに

ごはん(お米)が美味しいというのは、とりあえず幸せな気分になります。

魚沼産コシヒカリはブランド米ですが、お手頃価格のカツカレーでした。

おにぎりもコンビニで買うのと同じくらいの価格です。

お店は国道沿いなので、通りがかったときは是非立ち寄ってみてください。

▼(追記)おにぎりも購入してみました。

南魚沼といえば、魚沼産コシヒカリが有名です。 今回はテイクアウトでおにぎりを購入してみました。 ふんわり握られたおにぎりは、大変...

おまけ:南魚沼では毎年「本気丼(マジどん)」をやっています

南魚沼では毎年、「本気丼(マジどん)」という企画をやっています。

たくさんの飲食店が参加して、それぞれ自慢の丼を提供するというものです。

使われるお米は、もちろん魚沼産コシヒカリです。

▼公式サイトはこちら。

《2019年2月28日まで延長決定!》新潟県南魚沼の食のキャンペーン「南魚沼、本気丼 (マジどん)」が、今年も2018年7月28日よりついにスタート!極上コシヒカリの産地である南魚沼。地元で真面目にやっている飲食店のみなさんとの「本気」の取り組みは今年で4年目。日本一のコシヒカリにふさわしい66の本気を食べ尽くしません...

今回、南魚沼市を訪れたときはちょうどこの企画が行われていなかったタイミングでした。

また今度、本気丼を食べに遊びに来たいと思います。

▼昨年11月に食べた時の記事はこちら。

「本気丼」を知っていますか? 「マジどん」と読みます。 これは、新潟県の南魚沼エリア(南魚沼市+湯沢町)の飲食店が参加している、...
The following two tabs change content below.
宇都宮市在住の元エンジニア、今は無職。 趣味はスキー、マラソン、バイクツーリング、料理、カメラ、ガジェットなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」を仕事にするために一念発起し、人生の方向転換中。 もっと詳しいプロフィールはこちら。