新潟県南魚沼エリアの「本気丼(マジどん)」、魚沼釜蔵総本店で新潟和牛づくし

観光、グルメ、温泉

「本気丼」を知っていますか?

「マジどん」と読みます。

これは、新潟県の南魚沼エリア(南魚沼市+湯沢町)の飲食店が参加している、丼もののキャンペーンです。

今回このエリアに立ち寄る機会があったので、本気丼の一つを食べてきました。

新潟県南魚沼エリアの「本気丼(マジどん)」、魚沼釜蔵総本店で新潟和牛づくし

「本気丼(マジどん)」について

公式サイトはこちら。

▼【公式】南魚沼、本気丼|日本一のコシヒカリ、日本一の大盛マジ丼

【公式】南魚沼、本気丼|日本一のコシヒカリ、日本一の大盛マジ丼
新潟県南魚沼の食のキャンペーン「南魚沼、本気丼 (マジどん)」が、今年も2020年10月1日よりついに開蓋!極上コシヒカリの産地である南魚沼。地元で真面目にやっている飲食店のみなさんとの「本気」の取り組みは今年で6年目。日本一のコシヒカリにふさわしい58の本気を食べ尽くしませんか?

南魚沼といえば、日本一のコシヒカリの産地として有名です。

このコシヒカリを使って、お店ごとに個性のある大盛り丼を作ってお客さんを呼び込もう、というキャンペーンが行われています。

2015年から開催されていて、今年2018年は66店のお店が参加しています。

僕は、今年になってからこのキャンペーンを知りました。

きっかけは、この動画でした。

▼南魚沼で話題の本気丼(マジどん)を食べてみた

南魚沼で話題の本気丼(マジどん)を食べてみた
日本一の南魚沼産コシヒカリを使った60店舗の66丼が食べれる「南魚沼、大盛 本気(マジ)丼」キャンペーン。 広報の人に案内してもらい2丼ほど食べてきました! かなりマジな丼でしたよ〜 詳しくは公式HPで! 神保さんのYouTubeチャンネルもあるよ!

そんなに大盛り好きではありませんが、なんだか美味しそうだったので、いつかは食べてみたいと思っていたのでした。

六日町駅前商店街にある「魚沼釜蔵総本店」へ

上記の公式サイトでは、エリア別、予算別にお店を調べることができます。

営業時間、駐車場の有無なども掲載されているので、非常に便利です。

今回、公式サイトの写真とお店情報を見ながら、どこでランチを食べようかな〜とお店を選んでいました。

やっぱり肉だな!ということで、六日町駅前の商店街にある、「魚沼釜蔵総本店」に行ってみることにしました。

▼場所はこちら。

お店には駐車場がありません。

すぐ近くに無料の「六日町駅前中央駐車場」があるので、そちらに車を止めましょう。

ランチメニューは「本気丼」のほかにもたくさん

お店に着いたのが12時過ぎだったため、順番待ちの行列に並び、店内へ。

お目当ての「本気丼」は2種類ありました。

▼本気丼その1

▼本気丼その2

▼その他の丼

どれも美味そうです、、、。

ほかにもハンバーグ定食やカツカレーなど、ランチメニューだけでも相当な数がありました。

今回は、「新潟和牛すき焼き&極上ステーキ・牛カツ重」を注文しました。

「新潟和牛すき焼き&極上ステーキ・牛カツ重」を食べる

お店は混雑していましたが、注文してからそれほど時間がかからずに出てきました。

▼こちら。

お重、サラダ、味噌汁、お新香、おろしだれ、あとソフトドリンクが付いてきます。

▼牛のジェットストリームアタック。

奥に牛すき、手前に牛カツと牛ステーキ、という組み合わせです。

お肉にはすべて、甘いタレがかかっていましたが、お肉の旨味を邪魔しない程度の味付けになっていたため、しっかり牛肉を味わうことができました。

そして、その下にあるご飯も当然ながらモチモチして甘みがあって美味しかったです。

まとめ:南魚沼にいったら「本気丼」を食べてみて

南魚沼エリアで食事処に迷ったら、ぜひ「本気丼」で調べてみてください。

あちこちに美味しそうな丼がありますよ。

公式サイトはこちら。

▼【公式】南魚沼、本気丼|日本一のコシヒカリ、日本一の大盛マジ丼

【公式】南魚沼、本気丼|日本一のコシヒカリ、日本一の大盛マジ丼
新潟県南魚沼の食のキャンペーン「南魚沼、本気丼 (マジどん)」が、今年も2020年10月1日よりついに開蓋!極上コシヒカリの産地である南魚沼。地元で真面目にやっている飲食店のみなさんとの「本気」の取り組みは今年で6年目。日本一のコシヒカリにふさわしい58の本気を食べ尽くしませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました