フォレスターの冬支度、純正ウィンターブレードに取り替え

クルマ、バイク、自転車

先日、スタッドレスタイヤを注文して冬支度ができたな〜と思っていましたが、ワイパーも交換する必要があることをすっかり忘れていました。

ということで、SUBARUのディーラーでウィンターブレードを購入してきました。

フォレスターの冬支度、純正ウィンターブレードに取り替え

ウィンターブレード、というのは冬用ワイパーのことです。

冬用のワイパーという存在を知らない人もいるかもしれません。

ワイパーには、普通のワイパーブレードと冬用のワイパーブレードがあるのです。

気温が低い中でもゴムが固くならず、ガラス表面に付着した雪をしっかり拭き取るには、冬の気候に合わせた、専用のワイパーを使用することが推奨されています。

雪の降らないところに住んでいて、たまに雪山に遊びに行くくらいであれば、普通のワイパーでも大丈夫だったりします。

しかし今回、雪山に住み込みで働くため、ちゃんと雪国仕様に変えておいた方が安全なので、ウィンターブレードに取り替えることにしました。

アイサイト装着者は社外ワイパーブレードを使ってはいけない?

ワイパーのブレードや換えゴムは、メーカー純正だけでなく、PIAAなど社外品も使うことができます。

しかし、社外品の適合情報を調べたところ「アイサイト装着車には使用不可」と注意書きが書かれていました。

アイサイトは、フロントガラス上部にステレオカメラが取り付けられているため、ガラスにコーティングするワイパーや、コーティング剤は使用しないように、と説明書に書かれています。

純正の「ウィンターブレードパッケージ」を購入

ということで、今回は純正品を購入することにしました。

フロント(運転席+助手席)+リアの3本がセットになった「ウィンターブレードパッケージ」という商品を購入しました。

セットで購入すると、バラバラに買うよりも少しだけお安くなるのでした。

オイル交換のついでにディーラーで注文したのですが、取り寄せ扱いで、後日受け取りました。

これがウィンターブレードです

▼普通のブレード(右)とウィンターブレード(左)の比較。

ウィンターブレードは、ブレード全体がゴムに覆われています。

中の構造はだいたい一緒です(たぶん)。

ワイパーブレードの交換は、それほど難しくありません。

ブレードの取り付け部にあるレバーをクイッと起こしてススッとずらすと、外れます(と文章で書いても分からないですよね)。

実際に作業する際は、取扱説明書を読んでおくことをオススメします。

つづく?

これで冬支度は完了、と思ったのですが、まだ雪下ろし用のブラシを用意していませんでした。

スタックしたときに備えて、牽引ロープも値段を調べておこうかな。

フォレスター(SJ5 D型)関連の記事はこちら

スバル フォレスター(SJ5 D型)のまとめページ
2018年7月に購入した、フォレスター(SJ5 D型)のまとめページです。 順次追加していきます。 スバル フォレスター(SJ5 D型)のまとめページ 購入編 ▼購入しました。 ▼購入の経緯など。 ▼...

コメント

タイトルとURLをコピーしました