フォレスターに付属していた「トノカバー」は全く出番がない

シェアする

このフォレスター(SJ5 D型)は試乗車落ちの中古なので、もろもろの付属品はセットになっていました。

付属品の中に「トノカバー」もあるのですが、これまで一度も出番がありません。

ずうっと収納したままです。

スポンサーリンク

フォレスターに付属していた「トノカバー」は全く出番がない

「トノカバー」というのは、リアシートの後ろにある荷室に目隠しをするためのカバーです。

▼このように使います。

これでリアハッチを閉じると、窓からのぞいても積み荷が見えなくなるわけです。

今回の撮影のために、久しぶりに取り付けてみました。

このトノカバーですが、車を購入後すぐに、邪魔なので荷室の下の収納スペースに入れっぱなしです。

▼こんな感じで収納できます。

荷室をしょっちゅう使う人はトノカバーが不要かも

これがあるとたくさんの荷物を積み込むときに邪魔になります。

僕のようにしょっちゅうキャンプ道具を満載したり、リアシートを倒して車中泊する人にとっては、ほとんど出番がありません。

荷物が少ないときはトノカバーを広げておくと、遮音にも役立つはずですが、いちいち取り付けたり取り外すのも面倒ですから。

いっそのこと、クルマから降ろして部屋に置いておく方が良いのかもしれません。

フォレスター(SJ5 D型)関連の記事はこちら

2018年7月に購入した、フォレスター(SJ5 D型)のまとめページです。 順次追加していきます。 スバル フォレスター(SJ5 D...
The following two tabs change content below.
宇都宮市在住のエンジニア(今のところは)。 趣味はスキー、マラソン、バイクツーリング、料理、カメラ、ガジェットなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」を仕事にするために一念発起し、人生の方向転換中。 もっと詳しいプロフィールはこちら。