フォレスター(SJ5 D型)のエアコンが突然不調に。原因はコンデンサーからのガス漏れ

クルマ、バイク、自転車

今回はフォレスターのエアコンが、突然冷えなくなって、修理に出すという話です。

まだ修理出来ていないため、途中経過ですが記録に残しておこうと思います。

フォレスター(SJ5 D型)のエアコンが突然不調に。原因はコンデンサーからのガス漏れ

おとといまで元気に動いていたのに、突然エアコンの風が冷えなくなる

ちょっと遠くのホームセンターまで、買い物のために車で出かけることにしました。

今日は天気も良くて気温が高く、普段通りにエアコンをONにして出発したのですが、吹き出し口からでてくる風が、いつまで経っても冷たくなりません。

試しにエアコンのスイッチをON/OFFしてみたところ、コンプレッサーは動いている気配があります。

となると、ガスが漏れているのかな〜と予想してみました。

一昨日まで普通にエアコンが動いていたのに、突然ガスが抜けてしまったということは、どこかが壊れているという可能性が高くなります。

さっそくディーラーで診てもらうことに

とりあえず、いまどんな状態なのかを調べてもらう必要があります。

買い物を終えて、オイル交換でお世話になっているスバルのお店に電話をかけたところ、今日の早い時間帯なら対応できるという返答があったので、買い物からの帰りにお店に向かいました。

サービスの担当さんに様子を説明して車を預けて、1時間ほどお店で待ちました。

原因はコンデンサーからのガス漏れで、修理費用は18万円なり

ようやくサービス担当の方が戻ってきて、状況を説明してもらいました。

原因はコンデンサー(エアコンのガスを冷ます装置)からのガス漏れ、だそうです。

さらに加えて、コンプレッサー(ガスを圧縮するポンプ)からも異音が出ているため、交換した方が良いとのこと。

部品代と工賃を合わせた見積額が、18万円でした。

コンプレッサーから音が出ているものの動作はしているので、ひとまずコンデンサーだけの交換ということにすれば、費用はかなり抑えられるそうです。

しかし、いまは部品が欠品していて、入荷予定が分からないという話でした。

やはりエアコンの不調に気づくのは夏の初めですから、この時期は部品が足りなくなるんですかね。

今回は保証で自己負担なし!助かった〜

見積金額を聞いてから、サービスの担当さんと相談をしました。

僕がこのフォレスターを購入してからまだ3年ですが、ディーラーの試乗車上がりの車両を中古で購入したので、登録からすでに5年目に突入しています。

エアコン関係の部品は、一般保証(3年で切れる)の範囲に含まれるため、中古で購入したフォレスターの場合、自費での修理が必要になるそうです。

という話をしていたところ、「メンテナンスノートってお持ちですか?」と聞かれて、車に積んでいたメンテナンスノートを確認してもらいました。

すると、「大丈夫です、保証で直せます」という話になりました。

スバルのディーラーから中古で購入して新車保証が継続していて、最近保証の範囲が変わってエアコンが特別保証(5年で切れる)の範囲に含まれるようになった?との事で、保証の適用対象になるのだそうです。

エアコンの保証についてはWebで調べてもよく分からなかったのですが、とりあえず保証で直せるという話なので、修理をお願いすることにしました。

おわりに

一昨日は普通に動いていたのですが、壊れるときは突然壊れるものですね。

今回は保証で修理して貰えるということで、臨時出費を免れることが出来ました。

スバルの認定中古車を購入していたおかげで、きちんと保証の対象になったということなんでしょうか。

まだ修理のスケジュールが決まっていないため、しばらくはエアコンなしで走らせることになります。

週末は海の日の4連休があるというのに、エアコンなしで遠出するのはちょっとキツいですねぇ。

つづく

修理に出した後の話も、記事にする予定です。

フォレスター(SJ5 D型)関連の記事はこちら

スバル フォレスター(SJ5 D型)のまとめページ
2018年7月に購入した、フォレスター(SJ5 D型)のまとめページです。 順次追加していきます。 スバル フォレスター(SJ5 D型)のまとめページ 購入編 ▼購入しました。 ▼購入の経緯など。 ▼...

コメント

タイトルとURLをコピーしました