Apple WatchでJALのタッチアンドゴーを体験してみた

Apple製品、アプリ

実家が青森なので、マイレージを貯める航空会社は自動的にJALに固定されてしまいます。

さて、今回は空港でのチェックインにApple Watchを使ってみました。

Apple WatchでJALのタッチアンドゴーを体験してみた

JALは以前から「タッチ&ゴー」という二次元バーコードを使ったサービスを提供しています。

▼JALタッチ&ゴーサービス(ご搭乗方法) – JAL国内線

https://www.jal.co.jp/jp/ja/dom/boarding/touchandgo/

印刷した紙やスマホの画面で二次元バーコードを表示することで、チェックインの手続き不要でカウンターやゲートを通過することが出来ます。

Apple Watchで出来ることも、基本的にこのタッチ&ゴーの一部です。

方法はシンプルで、Apple WatchのWalletアプリでバーコードを表示させるというものです。

今回は、

  • 手荷物預けのカウンター
  • 保安ゲート
  • 搭乗ゲート

を、いずれもApple Watchで通過してみました。

Apple Watchでタッチ&ゴーは体勢が辛い

▼搭乗ゲートにて。

後ろに人がいたので、あわてて写真を撮ったところ、ブレブレになってしまいました。

写真は搭乗ゲートの改札機です。

これが結構大変でした。

鉄道の自動改札は非接触ICなので、距離が近ければ向きは適当でも大丈夫です。しかし、空港の改札機ではバーコードを読み取らせる必要があるため、しっかり改札機の読取り部にApple Watchの画面を向ける必要があります。

もともと「手首をかざす」という使い方を想定していないデザインのため、画面をしっかり剥けるには、かなり苦しい体勢を強いられます。

手ぶらで通過できるのは便利だと思ったのですが、スマホの画面をかざす方が楽チンだと思います。

次回からは、iPhoneでWalletアプリを使おうと思います。

Apple Watch Series 3関連のまとめページはこちら

Apple Watch Series 3関連のまとめページ
Apple Watch Series 3(GPSモデル)関連のまとめページです。 徐々に内容を追加していきます。 ▼現行のApple Watchはこちら。 ▼参考書。 注文編 ▼注文しました ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました