USB-PD対応のモバイルバッテリーAnker PowerCore+ 26800 PDレビュー(その1)

その他ガジェット

外出先でMacBookを充電するために、久しぶりにモバイルバッテリーを購入しました。

今回は開梱編です。

USB-PD対応のモバイルバッテリーAnker PowerCore+ 26800 PDレビュー(その1)

前置き:USB-PDに対応したモバイルバッテリーが欲しい

この前の週末に、MacBookを充電せずに出かけてしまい、心もとない思いをした、という記事を書きました。

▼先日の記事はこちら。

Mac日記:MacBook用のモバイルバッテリーを考える
今回は久しぶりに、モバイルバッテリーの話です。 新しいモバイルバッテリーを買うことにしました。 Mac日記:MacBook用のモバイルバッテリーを考える 僕のモバイルバッテリー歴 iPhone3Gから始まり、昔からガジェット類を...

そして、さっそくAmazonで注文しました。

▼購入したのはこちら。

Anker PowerCore+ 26800 PDを写真で紹介

日曜日に注文して火曜日に受け取れました。

さっそく写真で紹介します。

▼外箱はいつものAnkerデザイン。

▼箱の中身。

同梱品は、以下の通りです。

  • バッテリー本体
  • AC充電器(30W)
  • USB-Cケーブル(約0.9m)
  • Micro USBケーブル(約0.6m)
  • キャリングポーチ

▼USB-Cポートは入出力兼用です。

▼MacBookのACアダプタとの比較。

Ankerの方が薄くてフットプリントが少し大きいです。

▼重さは588g。

ミネラルウォーターのペットボトルくらいの重さです。

手に持つと、かなりずっしりとした感じがあります。

▼手持ちのAstro E5 16000との比較。

結構大きいです。

ちなみにAstro E5 16000の重量は311gでした。

▼操作スイッチには残容量を示すインジケーター付き。

ここまでのまとめ:デカくて重い

さすがに大容量バッテリーですから、大きくて重いです。

iPhoneなら10回以上充電できるようです。

今日は開梱して、最初の充電をするところまで。

充電が完了したら、充電速度の比較をしてみたいと思います。

(つづく)

▼実際にMacBookを充電してみました。

USB-PD対応のモバイルバッテリーAnker PowerCore+ 26800 PDレビュー(その2)
外出先でMacBookを充電するために、大容量でUSB-PDに対応したモバイルバッテリーを購入しました。 今回は実際に使用して、充電速度を比較してみました。 USB-PDの効果は絶大です。 ▼その1はこちら。 U...

今回紹介した商品はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました