良い睡眠のために、コーヒーは控えよう

生活習慣

今日あらためて、コーヒーを控えよう、と思ったのでした。

コーヒーを飲むと、さっぱり眠れない

参考になったのはこちらの記事。

▼まごめじゅんさんのブログ記事。

結局コーヒーって健康に良いの?悪いの?副腎疲労とカフェインの関係 - ビタミンアカデミー
疲労感があるならコーヒーは止めましょう 副腎疲労、慢性疲労、鬱、その他不定愁訴を克服したいならコーヒーは禁忌です。 コーヒーには健康メリットを謳う情報も多くあります。 代表的なのが、脂肪燃焼効果や心臓病や脳卒中などの死亡

もともと、たくさんコーヒーを飲む習慣はないのですが、仕事中に飲んだりコーヒーショップで飲んだりしていました。

こちらの記事を読んでから、かなり頻度を落として(週1回くらい)、飲む場合は昼食前に飲む、という感じで生活していました。

そして、頻度が落ちた結果、コーヒーを飲んだ日の夜はさらにカフェインの効果が強く表れて、眠れなくなってしまいました。

グラフで見ると、一目瞭然

▼アプリで記録した、昨夜の睡眠グラフ。

なかなか寝付けなくて、ベッドの中で動いているのがよく分かります。

体は疲れているものの、頭が覚醒している感じでした。

▼その前日のグラフ。

普通に疲れて眠いときは、こんな感じですぐに眠ってしまいます。

このように、グラフで見ると明らかです。

今日も打ち合わせの場でコーヒーが出てきましたが(しかも午後)、一口も飲まないようにしました。

まとめ:コーヒーは極力控える

まごめじゅんさんのブログにあるような、副腎疲労かどうかはよく分かりませんが、とにかくカフェインはあまりよろしくない、というのが体感で分かりました。

これからは午前中でもコーヒーを飲まないように気を付けます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました