キャンプの時にガジェット類の充電ってどうしてるの?

その他ガジェット

キャンプが好きです。

静かな(静かではないときも多々ある)自然に囲まれたキャンプ場で、非日常的な時間を過ごしながら、焚き火を焚いたり、料理を作ったり、ぼーっとしたり、日の出とともに目覚めたり。

そんなキャンプ生活の中でもブログの更新はしたいので、活動に必要なガジェット類は持参しています。

そして、ガジェットを持ち歩くときの心配事は、電源です。

キャンプの時にガジェット類の充電ってどうしてるの?

今回のキャンプに、持ってきたガジェット類はこちら。

  • Apple Watch
  • iPhone
  • MacBook
  • モバイルルータ
  • デジカメ
  • Kindle
  • ソニッケアー(電動歯ブラシ)

これらを適宜充電しながら、使っています。

それぞれ端子形状が違うため、ケーブル(計5本)を忘れずに持参する必要があります。

充電はカーチャージャーとモバイルバッテリーを併用

これらの機器を充電するための電源は、カーチャージャーとモバイルバッテリーです。

なるべく、モバイルバッテリーを消費しないように、充電頻度の多い機器はカーチャージャーに繋いで移動しながら充電しています。

▼カーチャージャーは、これ(の旧モデル)を使用しています。

USB-AとUSB-C端子がひとつずつ付いているので、

  • USB-A端子:iPhoneの充電
  • USB-C端子:MacBookとモバイルルーターの充電

に使用しています。

さらに車での移動が少ない時と、iPhone、MacBook以外の充電は、モバイルバッテリーの出番です。

モバイルバッテリーは、AnkerのAnker PowerCore + 26800 PDを使っています。

▼こちら。

今回のキャンプでは、主にモバイルルーターとApple Watchの充電に使っただけで、ほとんど出番はありませんでした。

目下の課題はデジカメ用バッテリーの充電

いま使っているカメラは、けっこう古いPanasonicのミラーレスカメラです。

当然ながら、カメラのUSB端子から充電することはできず、100VのAC電源に接続する専用の充電器が必要です。

最近のハイエンドコンデジはUSB充電に対応しているので、そちらに買い換えたいなと思っています。荷物もコンパクトになって良いかなと。

まとめ

  • USBから充電出来る機器に統一しよう
  • なるべく大容量のモバイルバッテリーを持ち歩こう
  • それぞれの機器に合ったケーブルを忘れないこと

コメント

タイトルとURLをコピーしました