Mac日記:スタンディングデスクにモニタースタンドを導入。iMacの画面が見やすくなった

Apple製品、アプリ

我が家にiMacがやってきて1ヶ月が過ぎました。

iMacに合わせて、パソコンデスクをスタンディングタイプに切り替えました。

いまでは全く違和感がなく立ったままで作業が出来るようになりました。

一つ改善点が残っていたのですが、今回モニタースタンドを導入して解決できました。

Mac日記:スタンディングデスクにモニタースタンドを導入。iMacの画面が見やすくなった

▼今回購入した商品はこちら。

Satechi(サテチ)、というメーカーだそうです。

アルミ製でiMacに似合いそうだな、ということで選んでみました。

iMacの画面が低い→モニタースタンドで解決

スタンディングデスクの天板は、キーボードが打ちやすい高さにしています。

すると、手元は楽なのですが、iMacの画面は目線より下なので、見下ろす形になっていました。

▼ビフォー

なるべく、目線は水平に近い方が疲れにくいので、あと数センチ、画面を持ち上げたいと考えていました。

そして、今回モニタースタンドを導入して、画面の高さが改善されました。

▼アフター

スタンドの高さは約4.5センチです。

これでかなり快適になりました。

「Satechi アルミニウム モニタースタンド」の紹介

▼外箱。

▼箱を開けたところ。

▼SATECHIのロゴマーク付き。

スタンドの重量は約750g。

アルミの板を曲げて作られているので、特に組み立て手順などはありません。

天板に設置する部分に、滑り止めのクッションを貼り付けます。

▼クッションを貼り付けたところ。

全体的に、仕上げは雑です。

しっかりバリ取りが出来ていないのと、内側にはいくつかキズが付いていました。

▼こんなキズが数か所に付いていた。

まあ、表側にはキズがなかったので返品せずに使います。

まとめ

デスクトップPCの良いところは、画面とキーボードの高さをそれぞれ柔軟に調節できることだと思います。

iMac単体では高さ調節が出来ないので、このようなスタンドを導入するのが良いと思います。

適切な高さに画面があると、首の疲れが軽減されると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました