Mac日記:MacBook(Early 2016)を購入してから9ヶ月、バッテリーの状態をチェックしてみた

Apple製品、アプリ

今回は久しぶりにMacBookネタです。

バッテリー、へたってきた?

去年の11月にMacBookを購入してから、9ヶ月が過ぎました。

最近、バッテリーの持ちが悪くなってきたな〜という気がしたので、バッテリー容量を調べてみました。

結論としては、それほど心配するほどバッテリー容量は減っていませんでした。

使い方の問題、のようです。

バッテリー情報を表示する手順

左上のリンゴマークをクリックして、システム情報を開きます。

▼「システムレポート」をクリック。

システム情報が表示されます。

▼「電源」をクリック。

▼表示されたバッテリー情報。

充放電回数は97回、完全充電時の容量は5065mAh、とのことです。

9%くらい容量が減少しているっぽい

MacBookのバッテリーは、公式情報では41.4Whリチウムポリマーバッテリー内蔵、と表記されています。

iFixitのレポートによると、「7.56 V, 41.41 Wh」となっているので、mAhに換算すると5477mAhとなります。

▼iFixitのレポートはこちら。

Retina MacBook 2016 Teardown
Teardown of the Retina Macbook 2016 performed on April 21, 2016.

ネットでレビュー記事を探してみたところ、購入当初は5500mAhくらいの容量になっているようなので、約9%位、バッテリー容量が減ってしまったようです。

まとめ:バッテリーの持ちは使い方次第

購入当初は、朝から夕方まで普通に使っている範囲では8時間くらいは余裕で使えていました。

最近は8時間も持たなくなってきたのでバッテリーが原因かな?と思いましたが、そんなことはありませんでした。

セキュリティソフトや、Dorpbox、その他にも常駐ソフトが増えたので、普段使いのリソース消費が多くなったのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました