Mac日記:iMacがメインマシンになって、MacBookの出番が激減

シェアする

雑記です。

スポンサーリンク

iMacがメインマシンに

iMacの環境が整い、スタンディングデスクも完成したので、自宅ではもっぱらiMacばかりを使っています。

立ったままのPC作業も慣れてきて、ブログを何本か続けて書くような作業でも平気になってきました。

まあ、仕事で疲れて帰ってきてから、立ったままでブログを更新するのは辛いときもありますが。

MacBookの出番が激減

ふと気がつくと、MacBookを全く触らない、という日も出てきました。

特に、いま担当している職場は私物の持ち込みに制限があるため、通勤でMacBookを持ち歩くことも出来ません。

また、やはりiMacの方が画面が広いし、動作も軽いし、キーボード(Realforce)も打ちやすいですから。

MacBookは自宅でひっそりと待機している状態です。

▼デスクの端っこで待機中。

まあ本来の用途通り、サブマシンという役割に落ち着いたという訳です。

まとまりのないまとめ

とはいえ、それなりの大枚をはたいて買ったMacBookの出番が少ない、というのも可哀想だしもったいないな〜という感じがしています。

デスクが広ければ、iMacの隣に並べてデュアルディスプレイよろしくデュアルMacのように使えるのかもしれません。

デスク周りを整理して、ちゃんとMacBookの定位置を作ってあげようかと思います。

The following two tabs change content below.
札幌市在住のIT系エンジニア。 雪を求めて2019年12月に、関東地方から北海道へ移住。 趣味はスキー、マラソン、料理、ガジェット、ドラクエウォークなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。 ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」のある暮らしを求めて、札幌市へ移住。 もっと詳しいプロフィールはこちら。