ダイソーのジョイントラックでキッチン収納を作ってみた その2

シェアする

ダイソーのジョイントラックで、キッチン収納を作ってみました。

▼昨日の記事はこちら。

キッチン収納の試行錯誤を記事にしようかな、と思っています。 キッチン収納が悩ましい 引っ越しした際の悩み事の一つに、キッチン周りの収納を...

昨日は収納スペースに対して大きさが合わなかったので、今日は違うサイズのパーツを買ってきました。

スポンサーリンク

コンロ下収納に再挑戦

▼今日買ってきたパーツはこちら。

昨日と部品の総数は一緒です。

  • 棚(30cm×30cm):300円×2枚
  • ポール(25cm):100円×4本
  • 固定部品(4個入り):100円×2組

今回も合計で1,200円となりました。

これらと、▼昨日買ってきた部品たち、

を組み合わせて、コンロ下の収納棚を作りました。

コンロ下収納の出来上がり(Ver1)

組み立て過程は省略です。というか写真を撮っていませんでした。

▼コンロ下にセット完了。

30cm×30cmの棚板は、鍋を載せるのにちょうど良い大きさでした。

ここに鍋を2つ乗せて、横のスペースは同じくダイソーで買ってきた鍋ぶたケースを使って、ティファールの鍋を配置。

手前に小物収納を使ってハンドルを置く場所を作りました。

さらに、扉の内側にも鍋ぶたホルダー(これもダイソーで購入)を付けて、ティファールの鍋のフタを収納しました。

▼こんな感じ。

これで手持ちの鍋はまとめて収納出来ました。

ジョイントラックの棚板にそのまま鍋を載せると傷が付きそうだったので、クッションシートを敷きました。

▼クッションシートもダイソーで購入。

これを棚板の大きさに合わせてカットしました。

かかった費用は1,600円なり

内訳は以下の通りです。

  • ジョイントラック:合計1,200円
  • 鍋ぶたケース:100円×2個
  • 小物収納:100円×1個
  • 鍋ぶたホルダー:100円×1個

鍋ぶたの収納方法はまだ工夫の余地があるので、またダイソーで良いアイテムが見つかったら改善してみようと思います。

あまったラックでシンク下収納

残りの部品でもう1組、ラックを作りました。

こちらはシンク下の小さな扉の中に配置しました。

▼こんな感じ。

45cm×25cmの棚板は、奥行きと幅がほぼピッタリでした。

ここはまだ収納するアイテムを決めていません。

まとめ

ひとまず、お鍋という大物の収納が決まったので、残りは細々とした調理器具などの収納を詰めていく必要があります。

またダイソーに行って面白そうなアイテムを探してこようと思います。

(つづく)

The following two tabs change content below.
宇都宮市在住のエンジニア(今のところは)。 趣味はスキー、マラソン、バイクツーリング、料理、カメラ、ガジェットなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」を仕事にするために一念発起し、人生の方向転換中。 もっと詳しいプロフィールはこちら。