読書日記:転ばぬ先の杖「離婚調停は話し方で変わる: 弁護士が離婚調停の伝わる話し方5つのステップを大公開」を読んで備えておこう

読書

今回読んだ本はこちら。

読書日記:転ばぬ先の杖「離婚調停は話し方で変わる: 弁護士が離婚調停の伝わる話し方5つのステップを大公開」を読んで備えておこう

普通の人にはあまり馴染みのない話、ではなく「3組に1組は離婚する」というご時世なので、備えあれば憂いなし、事前に目を通しておくのも良いかもしれません。

本の内容は?

タイトルの通り、離婚調停の場で調停委員(=弁護士さん)に対して、自分の主張をしっかり伝えるにはどうすれば良いか?というノウハウが紹介されています。

著者の木下さんはもちろん弁護士です。

大前提は、離婚調停の原則を理解すること

離婚調停は裁判所で行われますが、裁判のように白黒ハッキリ付ける場ではありません。

双方の意見を聞き、説得し、離婚の段取りを円滑に進める事です。

ここで調停委員は、双方の主張を聞き、

どちらの主張が社会的に正しいか

を判断します。

ひたすら「つらい、苦しい、怒っている」という話をしても調停委員には受け入れられません。

自分の主張が、法的に、倫理的・道徳的に正しいかを正しく伝える事が重要です。

調停委員を味方に付けるには「理解→共感→応援」のアプローチが必要

この本では話し方を3つのポイントにまとめています。

  1. 話す内容
  2. 話す順序
  3. 話し方そのもの

調停委員に対して、主張すべきことをしっかり決めて、時系列に論理的に話し、そして共感を得るためのエピソードを交えることが必要だそうです。

これは離婚調停に限らず、一般のビジネスシーンでも同様でしょう。

これらのポイントを守る事で、調停委員に主張を理解してもらい、共感し、さらに応援してくれることでしょう。

感想

題材は離婚調停ですが、話し方の3つのポイントは一般的な仕事のやり方、プレゼンテーションのノウハウとしても有効なものです。

離婚調停もプレゼンテーションの場の一つである、という事ですね。

非常にコンパクトな本なので、1時間もかからずに読み終わる事が出来ると思います。

今回紹介した本はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました