「大好きなことでお金を稼いで、独立する方法」を読んで、好きなことからお金を作り出す方法を学ぶ

シェアする

今回読んだ本はこちら。

スポンサーリンク

「大好きなことでお金を稼いで、独立する方法」を読んで、好きなことからお金を作り出す方法を学ぶ

まさに今、「好きなこと」でお金を稼ぐ方法を模索しているところなので、ドンピシャのタイトルに惹かれて読んでみました。

この本の中で興味深いヒントがいくつか見つかりました。

本の内容は?

タイトルの通り、大好きなことでお金を稼ぐ方法を、著者の経験をもとに紹介しています。

大好きなことは仕事にしてはいけない?

大好きなことでお金を稼ぐ、という考え方は正しいのですが、「大好きなことを商品にしてはいけない」と著者は考えています。

好きな事を見つけることは大事ですが、好きなこと=仕事、だと自分自身が楽しめなくて、辛くなってしまいます。

しまいには好きなことを嫌いになってしまう危険もあります。

確かに、僕も今の仕事は好きで続けてきましたが、外からのプレッシャーが強くなると、ステートが下がって仕事が楽しめなくなります。

ゴミを売る、とは?

そして、大好きなことをしつつお金を稼ぐ考え方を説明しています。

この本では「ゴミを売れ」と表現しています。

ゴミとは何かというと、「自分が好きなこと(活動)によって生まれる副産物」の事です。

この本の中では、「そば打ちが好きな人」の「そば」という例えが登場します。

その人は、そばを打つことが好きなので、そこから出来上がるそばにはあまり興味がありません。

そばを消費してもらう方法が必要です。つまり誰かに食べてもらえばいいのです。

そばが消費されれば、またそばを打つことができます。

このように、大好きなことの周りにある、自分では価値を感じていないものをお金に換える、という考え方です。

突き抜けることが大事

まわりの人が興味を示さなくても、どんどん自分の好きなことを突き詰めていくことです。

突き詰めていくと、その人の世界観が確立されていくので、すると周りの人たちに一目置かれる存在になります。

まわりの人に迎合していると、いつまで経っても突き抜けることができず、その人独自の世界観が確立されません。

感想

会社を辞めることは決めたものの、これからどのように過ごしていくべきか、ということは悩んでいるところです。

同じように迷っている人には、ヒントが見つかる本ではないかな、と思いました。

Amazonへのリンクはこちら

Kindle Unlimited無料お試しはこちら

Kindle買うならPaperwhiteがおすすめ

The following two tabs change content below.
宇都宮市在住のエンジニア(今のところは)。 趣味はスキー、マラソン、バイクツーリング、料理、カメラ、ガジェットなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」を仕事にするために一念発起し、人生の方向転換中。 もっと詳しいプロフィールはこちら。