通院日記:手術が決まりました

雑記

ちょっと煽り気味のタイトルで、新シリーズ?が始まります。

親不知が痛い→なぜか虫歯の治療に

事の始まりは、約2年前に歯医者を訪ねた時からです。

親不知が隣の奥歯をグイグイ押して痛かったので、歯医者さんで診察してもらおうとしたのですが、そんなことより虫歯があるから治療しなくちゃ!ということで数ヶ月間にわたって虫歯の治療が行われました。

その結果、診てもらいたかった親不知ではなく、別の奥歯を2本ほど引っこ抜かれました。これは想定外でした。

そして問題の親不知ですが、「うちじゃ無理、口腔外科に行って」と言われて紹介状をもらいました。

外科手術が怖くて紹介してもらった大学病院に行かずに2年が経ってしまい、さすがに観念して今日、行ってきました。

大学病院で診察の巻

大学病院というのは普通の病院に比べて待ち時間が長いだろう、と思ったので今日は会社を一日お休みしました。

小さい頃はよく弘前大学の大学病院にお世話になっていました。最近はランニングも始めて風邪をひかなくなり、病院に行くことはまったく無くなりましたが。

電車に乗って1時間、大学病院に到着。

初診の手続きを済ませて、診察へ。

出てきたのは研修医のお兄さんでした。大学病院ですからね。

あれこれ聞かれて、まずは歯のレントゲンを撮りましょう、となってレントゲンを撮りました。

それから30分くらい待たされて、再び研修医のお兄さんから説明を聞かされました。

手術の説明を受ける

レントゲンの写真を見ながら、お兄さんが手術の手順を説明してくれました。

親不知の大半の部分は歯茎の中に埋まっているので、それを露出させなければ取り出せないのだそうです。

結構ぱっくり切開しなくてはいけないとのこと。

この手の話は大の苦手でして、話を聞いているだけでちょっと気持ち悪くなってしまいました。

そんなのはお構いなしにお兄さんは丁寧に説明してくれました。

そして最後に、こんな紙をもらってきました。

埋まってる歯を抜く手術はこんな手順ですよ〜、というのが書かれています。

今どきの医療行為はちゃんと説明書が付いてくるんですね。

麻酔を打って、肉を開いて、、、

そして歯を砕きながら取り出すのだそうです。

手術の同意と予約

はじめて、同意書にサインをしました。

外科手術は体に傷を付ける行為だから、万が一の事故が起きる可能性がある、というのを承知しなければならないそうです。

そして手術の日を決めて、今日の診察は終わりました。

手術は4月です。術後も痛みがしばらく続くようなので、耐えられるか心配です。怖いな〜。

(つづく)

続編書きました。

通院日記:人生初の手術?親不知を摘出してきた
ついにこの日がやってきました。 人生初の手術です。 これまでのあらすじ これまでのあらすじを簡単にまとめると、 2年前に親不知がうずいて歯医者に行くと、なぜか虫歯を発見される そして「この親不知、ウチじゃこれ抜けな...

コメント

タイトルとURLをコピーしました