呉市安浦地区でのボランティア活動2日目。即席チームのリーダーは大変の巻

雑記

昨日に引き続き、呉市の安浦地区でボランティア活動に参加してきました。

ボランティア活動を始めてから8日目にして、とうとうリーダー役が回ってきました。

呉市安浦地区でのボランティア活動2日目。即席チームのリーダーは大変の巻

安浦地区のボランティアセンターでは、ボランティア参加者が受け付けをした順番にチームを組みます。

そのため、チームごとに人の構成が様々で、バランスはあまり考慮されていません。

ちなみに竹原市では、ある程度人が集まってからチーム分けをする、という方式です。

今日は6人チームのリーダーをやる事に

昨日と同じように、受け付けを済ませてマッチングエリア(ニーズとのマッチングするところ)に進みました。

スタッフ「じゃあ6人揃ったので、これでチームを組みましょう。リーダーやってくれる人いますか?」

一同:しーん

スタッフ「じゃあ何度かボランティアに入られてる方は?」

ぼく:手を挙げる

スタッフ「じゃあリーダーお願いします」

という感じで、消極的に指名されてしまいました。

僕のほかには、ボランティア経験者3名と初参加者2名、という構成でした。

今日は泥のかき出しと家財道具の掃除

今日の現場も、昨日の現場に近いお宅で、床上浸水した一軒家でした。

床下の泥かき出しと、家財道具の掃除などを行いました。

昨日のお宅は石混じりの土砂でしたが、今日のお宅はほとんどが泥でした。同じ浸水でも、場所によって流れてくるものが違うのですね。

最初はリーダーっぽく作業場所に人を割り振ってスタートしましたが、泥のかき出しは意外と早く片付いてしまい、その後は時間が余ったので、泥をかぶった家財道具を綺麗にしました。

オーナーは90歳を超えたおじいちゃんでした。

年齢の割にはチャキチャキと動く元気な人で、クルマも自分で運転しています。昔はタクシーとトラックの運転手をやっていたそうで、クルマを動かすのは余裕みたいです。

休憩の時はいろんな話を聞かせてもらいました。

ただ、90歳過ぎのネイティブスピーカーの言葉(広島弁)は、一部聞き取れないところもあり、ちょっと難易度高かったです。

即席チームのリーダーは大変

作業中のリーダーの役割は、

  • 作業と休憩時間の管理
  • メンバーの体調管理
  • メンバーへの作業指示
  • 依頼主と作業内容の相談
  • ボランティアセンターとの連絡

といったところです。

毎日、即席でチームが編成されるため、メンバーがどんな人か分からない状態で作業を開始するわけです。

作業をしながら、各メンバーがどういう動きをする人なのか、を把握しながら、軌道修正するように指示を出す必要があります(って僕はできていませんけど)。

今日は涼しくて、またメンバーも若い人が多かったので、体調管理は特に心配する必要はありませんでした。

また、地元のお兄さんは慣れた感じで動いてくれて、さらにおじいちゃんと上手に会話してくれたので助かりました。

ただ、休憩時間の管理が大変でした。作業を中断して休憩する、という点を徹底させるのが難しかったです。

作業の途中でこまめに休憩を挟むのですが、なかなか手を止めてくれない人がいました。

本人は元気に動いているのですが、誰がひとりでも作業を続けていると、他の人が休憩しづらくなってしまうのです。

つづく

明日まで安浦地区で活動予定です。

土日はお天気が崩れるようなので、ボランティア活動は大丈夫でしょうか。

そして、北海道の地震も気になります。

さすがに10月の北海道は寒いので、ボランティアに行くのは厳しいかもしれません。一応雪国育ちなので、だからこそ行くべきなのかもしれませんね。

災害ボランティア活動のまとめページはこちら

2018年 西日本豪雨災害ボランティアに参加したまとめ(随時更新)
2018年7月に発生した、西日本豪雨の災害ボランティアに参加しました。 その活動記録をまとめたページです。 2018年 西日本豪雨災害ボランティアに参加したまとめ(随時更新) ▼活動資金をPolcaで募集してます(終了しました) ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました