またまたApple製品サイトからiPhone 11 ProをAR表示して遊んでみた

シェアする

Mac Proに引き続き、今回発表されたiPhone 11 ProのARモデルが公開されたので、さっそく遊んでみました。

スポンサーリンク

またまたApple製品サイトからiPhone 11 ProをAR表示して遊んでみた

ことし(2019年)のWWDCでMac Proが発表された時も、Mac ProとPro DisplayをAR表示させて遊びました。

▼その時の記事はこちら。

WWDC19で発表されたトンデモスペックのMac Pro。 さすがに購入には至りませんが、AR表示させて遊んでみました。 Apple...

今度はiPhone 11 Pro、新iPad(第7世代)、Apple Watch Series 5が、AR表示に対応しました。

さっそく、iPhone 11 ProのAR表示で遊んでみました。

iPhone 11 ProをAR表示させる方法

iPhone 11 ProをAR表示させるには、ARKitに対応したiPhoneまたはiPadが必要です。

まずは、以下のURLにアクセスします。

▼iPhone 11 Pro – Apple(日本)

iPhone 11 Pro。超広角、広角、望遠をそろえた新しいトリプルカメラシステム。ナイトモード。Super Retina XDR。A13 Bionic。最大5時間長くなったバッテリー駆動時間。

iPhoneで表示させると、かなーり長いページが読み込まれます。

ひたすら下にスクロールしていくと(ページ長さの9割くらい)、以下の項目が表示されます。

▼スクロールしてここまでたどり着いたら、「ARで見る」をクリック。

すると、AR表示用のモデルデータが読み込まれます。

▼読み込み完了。

読み込まれたら、モデルをくるくる回して、好きなアングルを決めます。

▼こちらは背面。

こうやって見ると、それほどカメラ部分は主張していないように見えます。

アングルが決まったら画面上部の「AR」をタップします。

カメラが自動的にテーブルなどの平面を認識して、AR表示されます。

▼こんな感じ。

タップするとシャッターボタンが表示されます。

一本指でドラッグすると平行移動、二本指でピンチすると縮尺を変える事ができます。

▼iPhone 11 Pro 超大盛り(200%)。

▼iPhone 11 Pro 超超超大盛りGIGAMAX(400%)。

これがやりたかっただけです。MAXと聞いて、ペヤングしか思い付かなかったので。

おわりに

こんな感じで、Apple WatchやiPadもAR表示で遊ぶ事ができますよ。

ぜひオモシロ写真を作って遊んでみましょう。

Appleスペシャルイベントの雑感はこちら

毎年恒例、Appleのスペシャルイベントが9月10日(日本時間9月11日未明)に開催されました。 この時期のイベントでは、新型のiPh...
The following two tabs change content below.
宇都宮市在住の元エンジニア、今は無職。 趣味はスキー、マラソン、バイクツーリング、料理、カメラ、ガジェットなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」を仕事にするために一念発起し、人生の方向転換中。 もっと詳しいプロフィールはこちら。
AdSense関連コンテンツ

関連記事一覧

シェアする

スポンサーリンク