Mac日記:iMac(21インチ、2017年モデル)の性能を測ってみる

Apple製品、アプリ

iMac、快適です。

CPUも最新ですし、SSDのおかげでサクサク動いてくれます。

そんなiMacですが、日々のブログ更新では性能を活かしきれていないのではないか?と気になっています。

ということで、MacBookと比べてみる事にしました。

最新のiMacって、どれくらい速いの?(CPU編)

まずはそれぞれのシステム情報を見てみましょう。

▼iMacの情報

2017年21インチの松モデル(メモリとストレージを変更)です。

▼MacBookの情報

2016年モデルの竹モデル(カスタマイズ無し)です。

動画のエンコードで測定

測定方法は、11分16秒の自作動画が転がっていたので、それをHandbrakeというエンコードソフトでMP4に変換してみました。

▼Handbrakeの入手先はこちら。

HandBrake: Open Source Video Transcoder
HandBrake is an open-source, GPL-licensed, multiplatform, multithreaded video transcoder.

HandbrakeはGPUを使わない(スケーリングで使っているみたい)ので、シンプルにCPU性能の差が現れるはずです。

測定結果

それぞれのMacでエンコードを実行して、ログファイルに記録されいていた時刻から、変換にかかった時間を計算したところ、このような結果になりました。

CPU性能では3倍以上速い!というとても満足できる結果になりました。

まとめ

CPU性能は圧倒的ですね!満足です。

あと、せっかく外付けGPUが付いているので、これを活かしたアプリケーションは何かないかな、と考えているところです。

Mac用で3Dゴリゴリのゲームって何がありますかね?

(つづく?)

コメント

タイトルとURLをコピーしました