Apple Watchを着けたままお風呂に入っていいの?(Apple Watch Series 3レビュー)

シェアする

Apple Watchは活動量計でもあるので、一日中身に付けているべきです。

しかし、毎日充電する必要があるので、寝るときは外して充電ケーブルにくっつけておきます。

起きている間は基本的に、Apple Watchを身に付けたまま生活が出来ます。

しかし、お風呂に入る時は、外した方が良いそうです。

スポンサーリンク

Apple Watchを着けたままお風呂に入っていいの?

Apple Watchの耐水性については、Appleの公式ページで説明しています。

▼Apple Watch の耐水性能について

Apple Watch の耐水性能について、また、本体が濡れた場合の対処法について説明します。

このページの冒頭に、はっきりと書かれています。

Apple Watch は耐水性能を備えていますが、防水性能はありません。

ここで使われている「防水」という言葉は、「完全防水」を指しているようです。

でも日常生活なら大丈夫

Apple Watchの耐水性については、ページ下部に小さく書かれています。

Apple Watch Series 2 および Apple Watch Series 3 には、ISO 規格 22810:2010 に基づく水深 50 m の耐水性能があります。

これを見る限り、十分な耐水性は持っているので、通常の使用では内部に水が入る込むことは無さそうです。

なお、ここで触れているのはWatch本体のみなので、バンドが濡れることについては保証していません。

お風呂は危険がいっぱい

耐水性、というのは基本的に真水に対してどれくらい耐えられるか、ということを表しているだけなので、真水以外の液体に対しては保証していません。

ページの中でも、以下のような行為は避けてください、と書いてあります。

  • Apple Watch を石けんまたは石けん水にさらす (たとえばシャワーや入浴)。
  • 香水、溶剤、洗剤、酸や酸性の食品、虫除け、ローション、日焼け止め、油分、毛髪染料を Apple Watch に付ける。
  • Apple Watch を着けたままサウナやスチームルームに入る。

お風呂に入るときは外しましょう、ということですね。

もちろん、温泉はもってのほかですよ。

まとめ

他の活動量計も同様だと思いますが、お風呂に入るときはApple Watchを外しましょう。

あとは汗や皮脂が付着したまま放置するのも良くないと思うので、きちんとお手入れしましょう。

Apple Watch Series 3関連のまとめページはこちら

Apple Watch Series 3(GPSモデル)関連のまとめページです。 徐々に内容を追加していきます。 注文編 ▼注文し...
The following two tabs change content below.
宇都宮市在住のエンジニア(今のところは)。 趣味はスキー、マラソン、バイクツーリング、料理、カメラ、ガジェットなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」を仕事にするために一念発起し、人生の方向転換中。 もっと詳しいプロフィールはこちら。