AppleのWebサイトからMac ProをARで表示させて遊んでみた

シェアする

WWDC19で発表されたトンデモスペックのMac Pro。

さすがに購入には至りませんが、AR表示させて遊んでみました。

スポンサーリンク

AppleのWebサイトからMac ProをARで表示させて遊んでみた

いくつかのガジェット系のサイトで紹介されていますが、Mac ProをAR表示させる機能をAppleが提供しています。

本来は、Mac Proの配置シミュレーションなのですが、お遊び機能として盛り上がっています。

Mac ProをAR表示させる方法

iPhoneまたはiPadがあれば、遊べます。

まずは、Appleの公式サイトでMac Proの商品ページにアクセスします。

▼こちら。

The all-new Mac Pro. Redesigned for extreme performance, expansion and configurability, it’s a system for pros to push the limits of what is possible.

PCでアクセスすると出てきませんが、iOSデバイスでアクセスすると、ページの途中に「See Mac Pro in AR」という文字が表示されます。

▼iPhoneでアクセスしたところ。

この文字列をクリックすると、AR表示モードに切り替わります。

▼オブジェクト画面。

ここでいろんな方向にスワイプすると、Mac Proがくるくる回ります。

配置したい向きにMac Proをくるくる回したら、画面上の「AR」ボタンを押します。

▼AR画面。

iPhone(またはiPad)を少し動かすとカメラが床(平面)を認識して、実物と同じサイズでMac Proを配置します。

配置できたら、あたりをウロウロ動き回って「Mac Proのある景色」を楽しみましょう。

配置する向きを変えたい場合は、画面上の「オブジェクト」を押して前の画面に戻ります。

画面下の丸いところはシャッターボタンなので、好きなアングルで撮影することができます。

実際に部屋の中に配置してみたところ、筐体がかなり大きいという印象でした。

せっかくなので「Mac Proのある景色」を撮ってみた

すでにネット上では写真コンテスト状態になっているようです。

僕も身近なところでいろいろ撮ってみました。

▼まずは自宅で。

けっこう奥行きがあります。

こうやって見ると、21インチのiMacはかなり小さく感じますね。

▼屋外にて。

こんな感じで、平面が認識できればどこにでも置けます。

▼池の上に。

水面に浮遊させてみました。

筐体に周りの色が反射しているようで、緑がかっています。

▼横断歩道を渡らせてみた。

前に車がいますが、もちろんドライバーにはMac Proは見えません。

なかなか”映える”写真を撮るのは難しいです。

The following two tabs change content below.
宇都宮市在住のエンジニア(今のところは)。 趣味はスキー、マラソン、バイクツーリング、料理、カメラ、ガジェットなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」を仕事にするために一念発起し、人生の方向転換中。 もっと詳しいプロフィールはこちら。
AdSense関連コンテンツ

関連記事一覧

シェアする

スポンサーリンク