スノーピークのマナイタセットMを購入。Mは包丁が小さいので本気で料理をしたい人はLがいいかも

シェアする

キャンプに出かけるとき、安全に包丁を持っていきたいので、スノーピークのマナイタセットMを購入しました。

が、包丁のサイズが小さくて不便でした。Lの方が良かったです。

スポンサーリンク

スノーピークのマナイタセットMを購入。Mは包丁が小さいので本気で料理をしたい人はLがいいかも

▼今回紹介する商品はこちら

スノーピーク(snow peak) マナイタセット M CS207

スノーピーク(snow peak) マナイタセット M CS207

3,726円(09/18 01:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

キャンプにどうやって包丁を持っていくか?問題

キャンプで料理をしたい!というときに必要になる調理器具に、包丁とまな板があります。

包丁は刃物なので、そのまま持ち運ぶと危険です。

考えられる手段としては、

  1. ケース付きの果物ナイフを使う
  2. 市販もしくは自作の包丁ケースを使う
  3. まな板に収納できる包丁セットを使う
  4. その他

といったところでしょうか。

今回はまな板も欲しかったので、3の手段を選んでみました。

スノーピークのマナイタセットMを購入してみた

まな板に収納できる包丁セットは、いくつかのブランドから出ています。

刃物は評判の良いものを選んだ方が良いだろう、ということでスノーピークのマナイタセットを購入することに。

スノーピークのマナイタセットはMとLの2種類があります。

MとLを比較検討したところ、ネットでは「Mでも十分」という情報があったのでMサイズを選びました。

▼マナイタセットM。

スノーピークのロゴがいい感じです。

マナイタセットMの包丁はペティナイフくらいの大きさ

スノーピークのサイトには刃渡り数値が載っていなかったので、測ってみました。

▼12cmくらいでした。

ペティナイフくらいの大きさです。

自宅で使っている三徳包丁と同じ感覚で使うにはちょっと難しいです。

トマトくらいは切れますが、大きめの野菜を切るには役不足ですね。

切れ味は申し分ないです。

まとめ

Mサイズが向いているケース:

  • 料理の頻度が少ない人
  • 凝った料理を作らない人
  • 極力荷物を減らしたい人

Lサイズが向いているケース:

  • 道具にこだわる人
  • たくさんの食材を切る必要がある人
  • 多少荷物が大きくなっても大丈夫な人

▼マナイタセットMはこちら。

スノーピーク(snow peak) マナイタセット M CS207

スノーピーク(snow peak) マナイタセット M CS207

3,726円(09/18 01:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

▼マナイタセットLはこちら。

スノーピーク(snow peak) マナイタセット L CS208

スノーピーク(snow peak) マナイタセット L CS208

5,724円(09/18 01:33時点)
Amazonの情報を掲載しています
The following two tabs change content below.
宇都宮市在住の元エンジニア、今は無職。 趣味はスキー、マラソン、バイクツーリング、料理、カメラ、ガジェットなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」を仕事にするために一念発起し、人生の方向転換中。 もっと詳しいプロフィールはこちら。