冬の車中泊に備えて、電気ひざ掛けを買ってみた(2)外気温1度で車中泊

アウトドア

冬の車中泊は寒いので、寒さ対策として電気ひざ掛けを購入しました。

実際に気温が低い中の車中泊で使ってみました。

冬の車中泊に備えて、電気ひざ掛けを買ってみた(2)外気温1度で車中泊

シュラフの2枚重ねに加えて、電気ひざ掛けを使うことで寒い時期の車中泊を耐えられるか、という実験です。

▼前回の記事はこちら。

冬の車中泊に備えて、電気ひざ掛けを買ってみた(1)購入編
車中泊の寒さ対策として、シュラフと組み合わせられそうな電気ひざ掛けを買ってみました。 冬の車中泊に備えて、電気ひざ掛けを買ってみた すっかり秋も深まってきました。 そろそろキャンプや車中泊に厳しい季節です。 ということで、車...

▼今回購入した電気ひざ掛けはこちら。

温度調節ができるところが購入の決め手でした。

テストの目的は、暖かさとバッテリーの持ち

テストの目的は、

  • 電気ひざ掛けは暖かいか
  • ポータブル電源は朝まで持つか

の2点です。

使用するポータブル電源は、先日購入したSuaoki S270です。

▼ポータブル電源の記事はこちら。

アウトドアと非常時に役立ちそうなので、ポータブル電源suaoki S270を買ってみた
現在、モバイルバッテリーを3台所有しています。 今回あらたに、アウトドアで100V AC電源を確保するため、ポータブル電源をゲットしてみました。 ▼購入したのはこちら。 これからどんな風に使えるのか、試してみたいと...
ポータブル電源 Suaoki S270のAC出力は疑似正弦波。一部の機器は動作しないので注意しよう
先日、キャンプ中にAC電源を使うために、SuaokiのS270というポータブル電源を購入しました。 実際に使ってみたところ、「疑似正弦波」という仕様によって、使いたかったMavic Airの充電器が動作しませんでした。 S270...

ポータブル電源の容量は150Wh、電気ひざかけの最大消費電力は55Wです。

電気ひざ掛けを「強」にすると、計算上は3時間もかからずにバッテリーが空っぽになってしまうので、「中」や「弱」にして使う必要があります。

▼スイッチは無段階で調整可能。

テスト場所は長野県佐久市、外気温は1度

佐久市に新しくできた道の駅で車中泊しました。

▼佐久市の夜の気温はこんな感じ。

朝起きたらフロントガラスが凍っていたので、実際に車中泊した場所ではもう少し寒かったようです。

今回は、1枚目(外側)のシュラフの中に電気ひざ掛けを敷いて、その上に2枚目(内側)のシュラフを敷いて眠ってみました。

▼こんな感じ。

外気温が3度以下だと電気ひざ掛けがあっても寒かった

就寝時はまだ寒くなかったので、電気ひざ掛けはOFFのまま、眠りました。

途中で寒くて目が覚めて、そのときの外気温は3度くらいでした。ここで電気ひざ掛けを「中」にしました。

そこからさらに気温が下がっていき、外気温が1度くらいになったところで、電気ひざ掛けのつまみを「中」と「強」の中間まで上げてみましたが、それでも寒かったです。

ひざ掛けを敷いている背中(床)の方は寒くないのですが、お腹の方が寒かったので、敷くよりも掛けるほうが良かったかもしれません。

つづく

電気ひざ掛け自体は発熱しているのですが、シュラフ自体の断熱性が低くて寒さに耐えられなかったようです。

改善策としては、

  1. ひざ掛けの使い方を工夫する
  2. シュラフをもっと厚いものに交換する
  3. ポータブル電源の容量を大きくする

といったところでしょうか。

まずは、ひざ掛けの使い方を工夫してみます。

今回紹介した商品はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました