クルマに積み込む荷物を、とにかく箱に入れるようにしてみた

アウトドア

旅に出掛けるとき、荷物のパッキングは気合いを入れてやります。キレイにパッキングできた時は気分が良いです。

最近は、クルマに積み込むときのパッキングを試行錯誤中です。

クルマに積み込む荷物を、とにかく箱に入れるようにしてみた

クルマで旅に出るときは、色々な荷物を積んでいきます。

  • キャンプ道具(寝具、食器、ランタン類など大小様々)
  • ガジェット類
  • 着替え類
  • 食料

これらの荷物を効率良くクルマに積み込む方法を考えています。

旅行カバンをやめて、すべてコンテナや収納ケースに入れてみた

最近では、着替えやガジェット類をカバンに入れずに、コンテナや収納ケースに入れて運ぶようにしています。

▼こんな感じ。

ハコに入れると形が崩れないのと、いざとなったら積み重ねることができるので、カバンよりもきちんと並べて積み込むことができます。

なるべく、同じ箱で揃えると、積み重ねたときにずれなくて良いです。

僕は、ホームセンターで買った収納ケースと、トラスコのコンテナを使っています。

▼トラスコのコンテナ。

TRUSCO 薄型折りたたみコンテナ グレー 50L フタなし TRO50B

TRUSCO 薄型折りたたみコンテナ グレー 50L フタなし TRO50B

1,206円(12/03 21:29時点)
Amazonの情報を掲載しています

ハコ+小さいバッグで試行中

クルマから降りて、荷物を持ち歩く場面もあるので、ハコだけでなく小さなバッグも持ち歩いています(もちろんバッグもハコに入れてある)。

日帰り温泉に立ち寄るときや、ちょっとした買い物に出るときは、小さなバッグに必要なものを詰めてクルマから降ります。

クルマでの移動がメインなら、ハコをうまく使うというのも便利かもしれません。

今回紹介した商品はこちら

TRUSCO 薄型折りたたみコンテナ グレー 50L フタなし TRO50B

TRUSCO 薄型折りたたみコンテナ グレー 50L フタなし TRO50B

1,206円(12/03 21:29時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました