無印良品のセルフレジを利用してみた。大きな商品を買う人は有人レジに並びましょう

シェアする

無印良品のお店に、セルフレジが登場していました。

初めて見かけたセルフレジを、さっそく使ってみました。

スポンサーリンク

無印良品のセルフレジを利用してみた。大きな商品を買う人は有人レジに並びましょう

セルフレジがあったのは、宇都宮市内にある、「無印良品 宇都宮インターパーク店」です。

▼6/25まで、無印良品週間が開催中。

無印良品週間が開催中でしたが、店内はそれほど混雑していませんでした。

前回のセールから1ヶ月しか経っていないですからね。

今回は、キャンプ道具を収納するために、「ポリプロピレン頑丈収納ボックス・大」がお目当てでした。

商品情報はこちら。

▼ポリプロピレン頑丈収納ボックス・大約幅60.5×奥行39×高さ37cm 通販 | 無印良品

4549337525986 | 該当する商品がありません。 | 無印良品

収納ボックスと、あとおやつを少し選んで、レジに向かったところ、有人レジの脇にセルフレジが登場していました。

無印良品のセルフレジについて

▼セルフレジのコーナー。

セルフレジは2台ありました。

会計は、現金、クレジットカード、MUJIショッピングポイントに対応していて、もちろんセールなどの割引きも計算してくれます。

▼レジはこんな感じです。

セルフレジの使い方は、一般的な(?)セルフレジと同じで、

  1. 商品をスキャンする
  2. MUJIメンバーのバーコードをスキャンする
  3. 支払いをする

という手順になります。

ハンディスキャナがないので、大きな商品を買うときは有人レジが良いかも

このセルフレジは、バーコード読取り部がレジ本体にくっついています。

▼赤線で囲ったところが読取り部。

このレジにはハンディのスキャナーが付いていません。

今回は、収納ボックスのバーコードを読み取らせようとしたときに苦労しました。

収納ボックスを「よっこいしょ」と持ち上げて読み取らせようとしたのですが、ラベルの位置が悪くて読み取ることができませんでした。

結局、店員さんにバーコードの数字を手打ちしてもらい、それから自分で残りの商品のバーコードをスキャンして、会計を済ませました。

このレジは、大きな商品をスキャンするのは苦手のようです。

店員さんの手を煩わせていまいました。

有人レジは混雑していなかったので、素直に有人レジに並ぶべきでした。

次回からは気をつけます。

おわりに

ガソリンスタンドは基本的にセルフ給油ですし、お店でもセルフレジがあるときは積極的にセルフレジを使うくらい、なんでも自分でやるのが好きな性格なので、セルフレジの導入は大歓迎です。

食品や小物類の会計であればまったく問題ないので、次回からも大きな商品を買わないときは、セルフレジを利用しようと思います。

The following two tabs change content below.
札幌市在住のIT系エンジニア。 雪を求めて2019年12月に、関東地方から北海道へ移住。 趣味はスキー、マラソン、料理、ガジェット、ドラクエウォークなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。 ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」のある暮らしを求めて、札幌市へ移住。 もっと詳しいプロフィールはこちら。