あたりまえだけど、部屋が狭いと活動量が減る

シェアする

新しい部屋に引っ越してから、3週間が過ぎました。

部屋の中で過ごしているときの活動量を見ていると、引っ越し後は活動量が少なくなった気がします。

スポンサーリンク

あたりまえだけど、部屋が狭いと活動量が減る

今回の引っ越しで、専有面積は14㎡くらい狭くなりました。

もともとモノを減らしながら生活していたので、今の広さでも家具の配置も収納的にも、問題なく暮らせています。

部屋が狭いと移動量が減る

生活は不便ではありませんが、部屋が狭くなったおかげで明らかに移動量(歩数)が減りました。

基本的に、昼間の定位置はこの3ヶ所です。

  • 流し台の前
  • iMacのあるスタンディングデスク
  • TVの前に置いてあるソファー

この3ヶ所を移動する距離が、以前の部屋に比べると半分くらい(体感で)になりました。

移動量が減る=活動量が減る

去年から、Apple Watchを身に付けることで、日々の活動量が可視化されました。

活動量は、赤いアクティビティリングで確認することが出来ます。

1日部屋の中で過ごしたときの活動量(赤のアクティビティリングの閉じ具合)は、今の部屋に引っ越してから少なくなっています。

以前の部屋だと、家事をこなしながら動き回っていれば、リングが閉じることもあったのですが、今の部屋ではリングが閉じません。

意識的に体を動かす必要あり

部屋の中にこもっていると活動量が落ちてしまうので、意識的に体を動かす必要があります。

冬に向けての体力作りでランニングを復活させていますが、その他にも部屋の中でできるトレーニングを取り入れるなど、なにか考えたほうが良さそうです。

The following two tabs change content below.
宇都宮市在住のエンジニア(今のところは)。 趣味はスキー、マラソン、バイクツーリング、料理、カメラ、ガジェットなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」を仕事にするために一念発起し、人生の方向転換中。 もっと詳しいプロフィールはこちら。