一流の専門家ではなくてもセミナー講師は務まる、という話

雑記

今日は都内の某所で、セミナー講師を務めてきました。

内容はうちの会社が取り組んでいる専門分野の入門編で、10数人の方が受講生として参加して下さいました。

午後半日、3時間半のセミナーでしたが、

これまでに同じ内容で2回やっていたので、今回は3回目でした。同じ内容を3回もやっていますが、毎回きちんと申し込みがあるものです。

一流の専門家ではなくてもセミナー講師は務まる、という話

はじめはセミナー講師なんて無理だ〜と思っていました。

こういう内向的な性格なので、人前で話すこと自体嫌でしたし、その筋の専門家、というほどの専門性もありません。

とはいえ、うちの会社が仕事として依頼を受けたものなので、逃げることが出来ず、なんとか苦労しながら資料を準備して1回目のセミナーを開催しました。

そしてやってみると、意外となんとかなるものだな、という感想を持ちました。

僕が知っていることを知らない人は沢山いる

「僕が知っていることを知っている人」は沢山います。

業界の中ではすでに立ち上がっている分野なので、自分よりももっと詳しい専門家は山ほどいます。

なので、同じ内容でセミナーをやるなら別に僕でなくても代わりはいます。

ある程度の権威や知名度のある講師の方が、たくさん人は集まるでしょう。

でも、同じように「僕が知っていることを知らない人」も沢山いるのです。

そのような「知らない人」に向けてセミナーを企画すれば、どこかにニーズはあるのだな、と身をもって経験しました。

縁があったらやってみよう

今回の僕のケースのように、主催者とうちの会社が繋がりを持っていたため、セミナーをやりましょう、という話になっただけです。

そして企画を考えたら、主催者のほうで集客をがんばってくれます。すると、興味を持つお客様はある程度集まるものです。

ですから、もしオファーが来たら、あまり尻込みせずにやってみるのが良いかもしれません。

自分が知っていることを全部出せば、どこかの誰かのためになるのです。

(追記)

▼続編を書きました。

セミナーを受講する側も積極的に関わっていこう
昨日はセミナー講師を務めた話を書きました。 ▼昨日の記事はこちら。 今日は主催者から、昨日のセミナーのアンケートが届きました。アンケートは、次回のセミナーに向けての参考意見として、貴重なものです。 まあ僕はもうこの...

コメント

タイトルとURLをコピーしました