28年ぶり?のインフルエンザ予防接種を受けてきた

雑記

来週からサービス業に従事するため、インフルエンザの予防接種を受けてきました。

大人になってから初めての予防接種でした。

28年ぶり?のインフルエンザ予防接種を受けてきた

昨晩、これから勤務するスキースクールの方から連絡があり、インフルエンザの予防接種を受けておくこと、と指示がありました。

この週末には現地に移動する予定なので、今日中に予約無しで予防接種を受け付けてくれる病院を探して、予防接種を受ける必要がありました。

Google検索のおかげで、当日受け付けOKの病院を見つけて、行ってきました。

インフルエンザを発病したことがない

義務教育期間は、学校出義務づけられていた予防接種を受けていましたが、それ以降は予防接種を受けたことがありません。

幸いなことに、これまでの人生でインフルエンザにかかったことがありません。

ですから、インフルエンザの大変さや予防接種の有効性については、正直よく分かりません。

今回は職場からの指示なので、仕方ありません。

確かに、職場はサービス業(客商売)ですから、リスクを予防するためにできる措置は取っておく、という判断は正しいと思います。

ということで28年ぶり?の予防接種へ

Google先生に教えてもらった病院は、小児科&内科の病院です。

待合室に着くと、僕以外のお客さんは幼児ばかり。

受け付けで予防接種をお願いしたいと伝え、問診票を書きながら検温して、待機しました。

診察室の前で待っていると、子供を抱えたお母さんが診察室に入っていき、診察室から子供達の泣き叫ぶ声が聞こえ、顔がグシャグシャになった子供が出てきます。

久しぶりの予防接種なので、子供達の悲鳴を聞いていると徐々にこちらも不安になってきます。

そして、僕の名前が呼ばれて診察室へ。

チクッっと刺されて、ペタッと絆創膏を貼られて、あっという間に終わりました。

子供達のおかげでドキドキさせられましたが、全然余裕、泣かずに終えましたよ。

そのままスーパーで食料を買いだして、帰宅しました。

今度からは、小児科が無いところにしようっと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました