楽ナビ(2015年モデル)のハイウェイビューはノースアップ表示に出来ない

シェアする

先日購入したフォレスター(SJ5 D型)には、ディーラーオプションでパイオニアの「楽ナビ」が装着されていました。

レスポンスが悪いとか検索性が悪いという不満はありますが、今回は表示について。

スポンサーリンク

楽ナビ(2015年モデル)のハイウェイビューはノースアップ表示に出来ない

僕は基本的に、地図は常にノースアップで表示する派です。

というのも、カーナビを所有する前から道路地図を見ながら運転していました。

また普段はPCやスマホではGoogleマップを使っています。

なので、これまでに見てきた地図はすべて、「表示の上方向が北を向いている」という状態で常に頭にインプットされてきたのです。

そのため、クルマにカーナビが搭載されてからも地図は常にノースアップ表示に切り替えて使ってきました。

ノーマルビューはノースアップ表示が出来るのに、ハイウェイビューだけ出来ない

一般道を走っているときはノーマルビューという表示モードです。

このノーマルビューでは、「ノースアップ表示」または「進行方向が上向き」を洗濯することが出来ます。

そして、高速道路に入ると自動的にハイウェイビューという表示モードに切り替わります。

ハイウェイビューでは、左側にICとSA/PAの情報が表示され、右側に地図が表示されます。

そして、右側のチーズ表示がノースアップ出来ないのです。

▼これが超不便。

これが非常に不便なのです。

どちらの方位に向かって走っているのかが、直感的に分かりません。

高速道路を走っているときは方位が分からなくても良い、という判断なのかもしれませんが、僕としはこの「地図がくるくる回る」というのが気持ち悪いのです。

メニューをあれこれたどって調べてみたのですが、設定を変更するところが見つかりませんでした。

非常に不便なのですよね〜。

フォレスター(SJ5 D型)関連の記事はこちら

2018年7月に購入した、フォレスター(SJ5 D型)のまとめページです。 順次追加していきます。 スバル フォレスター(SJ5 D...
The following two tabs change content below.
宇都宮市在住のエンジニア(今のところは)。 趣味はスキー、マラソン、バイクツーリング、料理、カメラ、ガジェットなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」を仕事にするために一念発起し、人生の方向転換中。 もっと詳しいプロフィールはこちら。