寒さ対策にシュラフの2枚重ねを試してみた(その2)

シェアする

シュラフ2枚重ねの実験、第2弾です。

▼第1段の記事はこちら。

昨日の夜から旅に出ました。 今回は長野県の北部でキャンプ&周辺をブラブラする予定です。 車にキャンプ道具一式+ブログ装備一式を積...

ゆうべは実際にテントの中で使用してみました。

最低気温8度の中でも、眠ることができました。

スポンサーリンク

寒さ対策にシュラフの2枚重ねを試してみた(その2)

今回のキャンプ地は、飯綱東高原オートキャンプ場です。

長野県の北部、そして4月下旬ですから、寒いです。

▼昨晩の気温はこれくらい。

テントの中に、クッションを敷いて、その上にシュラフを広げます。

▼こんな感じでシュラフINシュラフ。

結果:凍えずに眠れた

昨晩は、体が冷えきってからシュラフに潜り込んだため、初めのうちは足が冷たくて大変でしたが、足もとに使い捨てカイロを置いたところ、そのまま暖かく眠ることができました。

お風呂上がりで体が温まっていれば、カイロは要らなかったかもしれません。

まとめ

シュラフの2枚重ねは、寒さ対策としては有効だということがわかりました。

ただし、シュラフを2つ持ち運ぶ必要があるため、荷物としてはかさばります。

また、ファスナーの開け閉めが面倒です。

お金にものを言わせることができる人は、ハイスペックなシュラフをひとつ用意するのが良いかもしれません。

The following two tabs change content below.
宇都宮市在住の元エンジニア、今は無職。 趣味はスキー、マラソン、バイクツーリング、料理、カメラ、ガジェットなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」を仕事にするために一念発起し、人生の方向転換中。 もっと詳しいプロフィールはこちら。