コールマンのホットサンドイッチクッカーはランタンマークの焼き印付きでコンパクトに収納できる一品

アウトドア

キャンプの朝食といえば、ホットサンドが定番メニューのひとつです。

いつもはキャンプ仲間が持参したホットサンドイッチクッカーでホットサンドを作っていますが、自分でも欲しくなったのでひとつ買ってみました。

コールマンのホットサンドイッチクッカーはランタンマークの焼き印付きでコンパクトに収納できる一品

▼購入した商品はこちら。

コールマン(Coleman) ホットサンドイッチクッカー 170-9435

コールマン(Coleman) ホットサンドイッチクッカー 170-9435

2,970円(05/17 12:36時点)
Amazonの情報を掲載しています

▼コールマンの商品情報はこちら。

ホットサンドイッチクッカー
ホットサンドイッチクッカーのアイテムページです。ランキングなど欲しいアイテムが探しやすい!

コールマンのホットサンドイッチクッカー、残念なところと良いところ

残念なところ

  • 全体的に作りが雑
  • ハンドルをしっかりねじ込むとストッパーの位置が合わない
  • 焼き印の部分は洗いづらい

良いところ

  • ランタンマークの焼き印がオシャレ
  • ハンドルが取り外せるので収納しやすい
  • 購入しやすいお値段

この商品を選ぶ理由は、なんといってもランタンマークの焼き印を付けられる点です。

ただし、この焼き印部分は、パンの生地がこびり付いていると洗いにくいです。洗うときはスポンジよりもブラシを使う方が良いでしょう。

取っ手を外して収納できるので、パッキングしやすいです。キャンプだけでなく、登山する人にも良いでしょう。

作りは雑です。取り外しできるハンドルの、ネジ部分の精度は低いですし、木製部分はバリが残っていました。

残念なところもありますが、総合的には「まあまあ満足」といったところです。

コールマンのホットサンドイッチクッカーを写真で紹介

▼商品の構成。

パンを挟む本体、取り外し式のハンドルに、収納ケースが付属しています。

本体に中央にすすが付いているのは、すでに何度か使用したためです。

▼焼き印部分。

このランタンマークの間に焦げたパン生地がくっつくと、落とすのが大変です。

▼パンが焼きあがるとこんな感じ。

斜めに切れ込みが入っていますが、焼きあがったときはくっついているので、包丁かハサミで切り分けましょう。

そのほか、気になったこと

食パンの形はなるべく正方形のものを選ぶこと

本体は、きっちり正方形になっています。

しかし、お店で売っているほとんどの食パンは、長方形なんです。少し長方形の食パンだと、挟むときにはみ出てしまいます。

なるべく正方形(に近い形)の食パンを選ぶようにしましょう。

食パンの厚さは8枚切りより6枚切りがちょうど良い

8枚切りでも大丈夫ですが、個人的には6枚切りの方がしっかりとプレスされるので好みです。

8枚切りの場合は、具をたっぷり入れると良いでしょう。

まとめ

全体的な質感は値段相応、といったところです。

写真映えするホットサンドを作りたい、という人には良いアイテムでしょう。

それ以外の目的の人は、別のホットサンドメーカーを選んだ方が良いかもしれません。

今回紹介した商品はこちら

コールマン(Coleman) ホットサンドイッチクッカー 170-9435

コールマン(Coleman) ホットサンドイッチクッカー 170-9435

2,970円(05/17 12:36時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました