焚き火料理に挑戦。ホイル焼きでタマネギとサツマイモを焼いてみた

アウトドア

キャンプの焚き火は、基本的に眺めて楽しむのが目的です。

今回は、試しに焚き火を使って料理をしてみました。

焚き火料理に挑戦。ホイル焼きでタマネギとサツマイモを焼いてみた

事前にネットでアウトドア料理のレシピを調べて、今回は2種類のホイル焼きに挑戦してみました。

まずは焚き火でしっかりと火をおこして、熾火(おきび、炎が落ち着いた状態)を作ってから、材料を投入しました。

▼投入。

料理というほどの手間はかかりません。

たまねぎのホイル焼き(成功)

冷蔵庫にあったタマネギを、自宅で下ごしらえをして持参しました。

下ごしらえは簡単で、たまねぎを皮が付いた状態で十字に切れ込みを入れて、アルミホイルで二重に包みます。

これを焚き火の中に放り込んで、1時間放置します。

出来上がりはこちら。

▼開くときに形が崩れてしまいました。

たまねぎ全体があめ色になっていて、とっても甘くて美味しかったです。

なにも味付けせずにパクパク食べられました。

焼き芋(失敗)

道の駅で売られていた「紅あずま」(だったかな?)を買ってきて、表面を洗ってキッチンペーパーで包み、さらにアルミホイルで二重に包みます。

1時間ほど経ってから取り出しました。

▼焼きすぎ。

これは失敗しました。見事に黒焦げです。

外側は黒焦げでしたが、中身はホクホクで美味しかったです。

次回は焼きすぎないように気をつけます。

つづく?

ホイル焼きは、中の状態が見えないので加減が難しいです。

今度のキャンプでも挑戦してみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました