REALFORCE for MACのテンキーレスモデルを速攻入手してHHKBから乗り換え

その他ガジェット

Windows時代から愛用していた、東プレ製のキーボード、REALFORCE。

Mac用のモデルにようやくテンキーレスモデルが登場したので、速攻で入手しました。

▼購入したのはこちらのモデル。

REALFORCE for MACのテンキーレスモデルを速攻入手してHHKBから乗り換え

東プレという会社が製造している「REALFORCE」は、昔から一部の人たちに人気の高級キーボードです。

製品サイトはこちら。

▼REALFORCE | 日本製プレミアムキーボードの最高峰

REALFORCE | 日本製プレミアムキーボードの最高峰
日本製ハイエンドキーボード REALFORCE シリーズ。全モデルに静電容量無接点方式を採用することで抜群のキータッチ感を実現し、長時間の使用でも疲れにくく耐久性に優れています。

非常にキータッチが良くて、長時間タイピングしていても手が疲れにくいというのが特徴です。

自作のWindows用PCを作っていた頃、10年くらい前から、REALFORCEを愛用してきました。

職場に持ち込んで使っていた時期もありました。

iMacでWindows配列を使うも、使いづらくて断念しHHKBに乗り換え。そして2年待って再びREALFORCEへ

iMacを購入した時も、純正キーボードのタッチに馴染めなくて、Windows用のRELAFORCEを工夫しながら使っていましたが、やはりMac でWindows配列のキーボードを使うのは不便でした。

その後、HHKB(Happy Hacking Keyboard)を入手したので、REALFORCEから乗り換えました。

ただ、HHKBはファンクションキーがなかったり、特殊キーの配列が馴染めなかったりと、文字入力以外の操作が少し苦手でした。

カーソルキーを押したつもりが右SHIFTキーを押していたり、なんてことも良くありました。

そして、今回ようやくMac対応モデルが登場したので、再びREALFORCEユーザーに戻りました。

Mac対応モデルを開発しているというのは、2017年秋の時点で公式に発表されていたのですが、2019年12月にようやく、Mac対応のテンキーレスモデルが登場したのです。

ずいぶんと待たされました。

「REALFORCE for MAC」を写真を交えながら紹介

購入したのは、「R2TL-JPVM-WH」というモデルです。

スペックは、

  • Mac配列
  • テンキーレス
  • 日本語
  • 変荷重
  • スーパーホワイト+シルバー

となっています。

変荷重を選ぶと静音モデルを選ぶことができませんでした。

実際に使ってみたところ、以前のREALFORCEに比べて音が静かになった感じがするので、静音モデルじゃなくても大丈夫でした。

▼外箱。

箱はそれほど大きくないのですが、持ち上げたときにずっしりと重さを感じました。

このキーボード本体の重さが、キータッチの安定感に繋がっているのかもしれません。

▼インジケーター周りとケーブル。

ケーブルは以前のモデルに比べて柔らかいため、取り回しが楽になりました。

またケーブルを束ねるバンドが付属しているのもポイント高いです。

▼HHKBとの大きさ比較。

カーソルキーが横についているため、REALFORCEの方が横幅は8cmほど長いです。

▼iMacにセットアップしたところ。

キーボードの横幅が伸びたおかげで、トラックパッドの位置が右側にずれました。

この8cmの差は結構大きくて、トラックパッドがかなり遠くなった感じがします。

iMacの画面に映っているのは、REALFORCE for MAC専用のユーティリティです。

このユーティリティ上で、インジケーターの色変更や使用しないキーを無効化するなどの設定ができます。

1週間使用してみた感想。やっぱり快適!

購入してから1週間、使用してみました。

キータッチについてはHHKBも同じ方式なので、あまり変わりませんが、キー配列が変わったことで、文字入力以外の操作でストレスがなくなりました。

素早くcommandキーやファンクションキーを操作できるようになったのがありがたいです。

たくさん文字を入力しても疲労感が少ないのは、相変わらずです。

キーボードのカラーリングは、iMacに組み合わせても違和感がありません。

サードパーティー製品っぽさがなくて良いです。

トラックパッドの位置が遠くなったのは、まだ慣れません。

トラックパッドをもう1個購入して、左側にも置こうかな、と考えています。

▼今回紹介した商品はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました