Webサービスの会員規約への同意画面は、なぜ読みづらく設計されているのか?

インターネット

さきほど、JR西日本の運営する「おでかけネット」で四国の特急券を手配しました。

▼JRおでかけネット:トップページ

JRおでかけネット:トップページ
JR西日本が運営する観光情報サイトです。時刻表・運賃・列車運行情報(遅延証明書)・トクトクきっぷ・ICOCA・J-WESTカード・駅・路線図などの営業情報や西日本各地の観光情報、e5489・エクスプレス予約・スマートEXなどの予約サービスがご覧いただけます。

西日本方面の切符を手配するのが初めてだったので、まずはこのサイトで会員登録が必要でした。

他のサイトと同様に、メールアドレスを登録するとメールが届いて、専用の画面から会員情報を入力する、という仕組みです。

会員規約の画面が狭いのは読ませないため?

メールに記載のURLをクリックすると、始めに会員規約への同意画面が表示されます。

▼会員規約の同意画面。

他のサイトもそうですが、どうして会員規約を表示する領域は狭いのでしょうか?

あえて読みづらくさせているのか、どうせほとんどの人は読まないだろうから小さくしてしまえ、ということなのでしょうか。

サービスを提供している側が、なんらかの意図(ネガティブな)を持っているように感じます。

別のページに飛ばすとか、全画面でポップアップさせるとか、もっと読みやすく表示する方法はあると思うのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました