iPhone 8 Plusで撮影したHEIF画像をMacOS Sierraで扱う方法(iPhone 8 Plusレビュー)

Apple製品、アプリ

iPhone 8 Plusで撮影した画像を、iMacの「写真」アプリで編集しようとしたところ、編集が出来ませんでした。

▼アプリのメッセージ。

どうやら、iMacのOSをHigh Sierraにアップデートしていないのが原因のようです。

▼情報パネルの表示。

ファイル拡張子がHEICとなっています。

これが原因でした。

とりあえず、iPhoneで編集することに

さっさとiMacのOSをHigh Sierraにアップデートすれば良いのですが、アップデートの儀式はきちんと行いたいので、暫定の解決方法を考えました。

とりあえず、iPhone側で編集して「写真」アプリからJPEGをエクスポートする、という手順を踏めば、ブログに画像をアップロードできるようです。

 

あとはiPhone側の設定でHEIFを使わない、という手もありますが、せっかくの新機能を殺してしまうのは勿体ないです。

High SierraにアップデートすればHEIFも扱えるわけですし。

解説:HEIFというフォーマットについて

HEIFとは「High Efficiency Image File Format」の略称です。

その名の通り、高効率が画像ファイルのフォーマットです。

HEIF形式のファイルの拡張子がHEICなのはちょっと紛らわしいですね。

圧縮率がJPEGよりも高かったり、アニメーションや透過にも対応していて、過去の画像フォーマットのいいとこ取り、のようなファイル形式のようです。

そのほかのiPhone 8 Plus関連のまとめページはこちら

iPhone 8 Plus関連のまとめページ
iPhone 8 Plus関連のまとめページです。 徐々に内容を追加していきます。 注文、購入 ▼衝動買いしました、の報告。 ▼8 Plusを選んだ理由。 ▼9/22の購入レポ。 実機レビュー...

コメント

タイトルとURLをコピーしました