MVNOのiPhoneユーザーはApple Watch Series 3のCellularモデルを使えない

Apple製品、アプリ

今日(9/15)の16時01分から、新しいApple Watch Series 3の予約が開始されました。

僕はさっそく、GPSモデル(Cellularなし)モデルを予約しました。

GPSモデルを選んだのは、Cellular通信でできることにあまり魅力を感じなかったからです。

という理由でGPSモデルを選びましたが、そもそも僕のiPhoneはMVNOと契約しているため、Apple Watch Series 3でCellular通信の機能を使うことができないのです。

MVNOのiPhoneユーザーはApple Watch Series 3のCellularモデルを使えない

Apple Watch Series 3では、製品ページなどに掲載されている情報の通り、「eSIM」という形式のSIMを搭載しています。

eSIMとは?

eSIMというのはEmbedded SIMの略です。

従来のSIMのようにカードを抜き差しするのではなく、SIMのICチップが端末に埋め込まれている(Embedded)形式です。

eSIMにも従来型のSIMと同様に、電話番号や識別番号の情報を書き込む必要があります。

MVNOはeSIMを扱うことができない

日本のMVNOは自分たちでSIMカードを発行することができません。

どのMVNOでも、SIMカードを大手3キャリアから借りて、それらをユーザーに提供しています(なのでMVNOを解約するときはSIMカードの返却が義務づけられている)。

SIMに情報を書き込む事が出来るのは、日本の場合、MNOである大手3キャリアに限られています。

また現時点で、大手キャリアからMVNOに対してeSIMを提供しているところはありません。

詳しくはこちらをどうぞ。

▼「eSIM」とMVNOの関係 (1/3)

「eSIM」とMVNOの関係
携帯電話に欠かせない「SIM」。最近では「eSIM」なるものも出てきましたが、どういうSIMなのでしょうか……?

まとめ:MVNOユーザーはCellularモデルを買えない

どうしてもApple Watch Series 3でCellular通信をしたい場合は、iPhoneを大手キャリア(MNO)に乗り換えた上で、Apple Watchを購入する必要があります。

Appleのサイトでは、Apple Watch Series 3を購入するときに、キャリアの指定をせずに購入することができます。

そのため、MVNOのユーザーが間違ってCellularモデルを購入してしまう可能性があります。

注意しましょう。

Apple Watch Series 3関連のまとめページはこちら

Apple Watch Series 3関連のまとめページ
Apple Watch Series 3(GPSモデル)関連のまとめページです。 徐々に内容を追加していきます。 ▼現行のApple Watchはこちら。 ▼参考書。 注文編 ▼注文しました ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました