羽田空港でANAの「BAGGAGE DROP」を体験してみた

雑記

普段利用する航空会社はJALなのですが、たまっていたANAのマイルを消化するため、今回の旅の往路はANAを利用しました。

羽田空港を利用したので、例の荷物預けの機械を初めて利用できました。

機械の使い方に慣れてしまえば、対人カウンターで預けるよりはスムーズかもしれません。

ANAの「BAGGAGE DROP」について

羽田空港第2ターミナルでは、2年ほど前から、荷物預けを自動で受け付けてくれる機械があります。

これは「ANA BAGGAGE DROP」という名前が付いています。

▼ANAの紹介ページはこちら。

ANAの国内線のサービスがリニューアル│航空券│ANA国内線
【ANA公式サイト】ANAの国内線のサービスがリニューアル。国内線でのご旅行の準備に関する情報はこちらから。国内旅行のお役に立つ情報が満載。旅の計画・準備はANAのホームページで。

「BAGGAGE DROP」を写真で紹介

▼全景。

こんな風に、荷物を取り込む口がずらーっと並んでいます。

金曜日の朝だったので、特に混雑していませんでした。

▼梱包材など。

預ける荷物の梱包は自分で行う必要があります。

ここではビニール袋、紙袋、ガムテープなどが用意されています。

ビニール袋はかなり大きいので、たいていの荷物は入るでしょう。

梱包が完了したら、いよいよBAGGAGE DROPを操作します。

まずは大きく開いている口に荷物を置きます。

▼右横のタッチパネルを操作します。

搭乗便の登録など、いくつかの確認手順を経て、荷物にくくりつけるタグが印刷されて出てき舞う。

▼自分でタグを付けます。

最後に確認ボタンを押すと、シャッターが閉じて荷物が吸い込まれていきます。

▼預け入れ完了。

最後に、引き換え用の小さな紙を受け取って終了です。

まとめ

機械の操作に慣れてしまえば、なんて事ない作業です。

今はオンラインでチェックインもできますから、スタッフのいるカウンターに並ばずに保安検査場に向かうことが出来ました。

でも旅行シーズンになると、不慣れな人たちが押し寄せると思うので、そのあたりは心配です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました