水切りヨーグルトを作ってみたら面白かった

食べ物・料理

数年前に流行った「水切りヨーグルト」を今さらながら試してみました。

水切りヨーグルトを作ってみたら面白かった

水切りヨーグルトとは?

その名の通り、ヨーグルトを水切りしたものです。

出てきた水分は「ホエー(乳清)」と言って、栄養価も高いので、捨てずに料理に使うと良いそうです。

水切りヨーグルトの作り方

水切りヨーグルトを作る方法は、水分を漉すことが出来ればザルでもなんでも大丈夫ですが、僕は今回、専用の容器を買いました。

▼購入したのはこちら。

パール金属 NEW H&B 濃厚水切りヨーグルト C-8531

パール金属 NEW H&B 濃厚水切りヨーグルト C-8531

1,581円(01/16 07:37時点)
Amazonの情報を掲載しています

実際に作ってみた

容器が届いたので、市販のヨーグルトを買ってきて作ってみました。

専用容器は、500ml入りのヨーグルトを1つまるごと投入できるサイズです。

▼水切りから2日後。

ホエーが250ml、ということは約半分が水分として漉された、という事になります。

▼こちらが水切りヨーグルト。

かなり固いです。

まるでクリームチーズのよう。

食べてみた

食べ方は、定番のトマトと組み合わせてみました。

ヨーグルトを乗せて、オリーブオイル、バジルソルトを振りかけました。

▼見た目が悪い。

オリーブオイルをかけたことでヨーグルトっぽい酸味が和らいだ感じがします。

普通にトマトとクリームチーズを食べているような味でした。

なかなか面白いですね。

他にもチーズ代わりにいろいろ使えるみたいなので、レシピを調べて作ってみます。

あとホエーも捨てずに使い道を調べてみます。

今回紹介した商品はこちら

パール金属 NEW H&B 濃厚水切りヨーグルト C-8531

パール金属 NEW H&B 濃厚水切りヨーグルト C-8531

1,581円(01/16 07:37時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました