ヘルシオ日記(10):牛肩ロースのステーキ肉を焼いてみた

生活雑貨、家具、家電

我が家のヘルシオAX-CA300が大活躍中です。

前回のハンバーグに引き続き、今回も肉料理に挑戦です。

ヘルシオ日記(10):牛肩ロースのステーキ肉を焼いてみた

今回参考にしたレシピはこちら

下ごしらえの方法と焼き方は、こちらのサイトを参考にしてみました。

水島弘史シェフの科学的にも理にかなったステーキの焼き方。
フレンチのシェフ・水島弘史さんがすすめる、上手なステーキの焼き方をご紹介します。水島さんは、科学的な視点に基づいた「低温調理法」を家庭料理にいかす方法を提案している方で、料理本などでそのノウハウを紹介しています。私はそのうちの何冊かを読んだことがありますが、どれも料理の常識を覆す斬新な内容になっています。

下ごしらえ

今回の材料は、

  • 牛肩ロース、ステーキ用:400g

以上です。

▼厚めのお肉をチョイスしてみました。

油でお肉を包む、という手順もやってみました。

▼キッチンペーパーで包んだところ。

ウォーターオーブン、120度、25分

レシピに従って、温度と加熱時間を設定しました。

▼加熱中。

加熱が終わってから、フライパンで軽く焼き色を付けて、アルミホイルで包みます。

包んでどれくらい待つのか分からなかったので、適当に取りだしてしまいました。

▼できあがり。

中がまだ生焼けだったので、電子レンジで加熱し直してみました。

▼電子レンジから出したあと。

今度は加熱しすぎたようです。

今回は肉の厚さに対して、オーブンでの加熱時間が短かったようです。

感想

電子レンジで温めたのがまずかったのか、お肉が固くなってしまいました。

なかなか肉料理はうまくいきませんが、いろいろ試してみます。

ヘルシオ日記のまとめはこちら

徐々に追加していきます。

ヘルシオ日記のまとめページ
ウォーターオーブンのヘルシオを購入して、いろいろ料理を作ってみた記事のまとめページです。 自分の備忘録として、試したレシピを記録しています。 ▼購入したのはエントリーモデルのこちら。旧モデルです。 ▼現行のエントリ...

入門モデルはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました