にんじんの千切りが簡単に出来る、「関孫六 ワイドスピード千切り器」

シェアする

料理は好きですが、千切りは大の苦手です。

そこで、千切り器を購入しました。

キャベツスライサーに引き続き、関の孫六シリーズです。

スポンサーリンク

にんじんの千切りが簡単に出来る、「関孫六 ワイドスピード千切り器」

一昨年、簡単にキャベツの千切りが出来る、ワイドキャベツスライサーを購入しました。

▼こちら。

▼その時の記事はこちら。

今日はたまたまAmazonで見つけて購入した、調理器具のレビューです。 なかなか良い買い物でした。 トンカツ屋さんの千切りキャベツを...

普通のおろし金に比べるとかなり大きいのですが、キャベツを丸ごとスライス出来るので、とても便利です。

今回は、同じシリーズの千切り器を購入しました。

▼こちら。

▼じゃじゃん。

ハンドルには「関の孫六」のロゴがあしらわれています。

関孫六 ワイドシリーズの特徴

特徴その1:良く切れる

さすがは「関の孫六」という名前を付けているだけあって、切れ味抜群です。

特徴その2:デカい

▼大きさの比較(これはキャベツスライサー)。

この大きさのおかげで、一気にざくざくと刻んでくれるのです。

収納場所に困りますが、使い勝手は良いです。

特徴その3:専用の受け皿が使える

ワイドシリーズは、すべて同じ大きさなので、専用の受け皿に取り付けることが出来ます。

▼こちら。

受け皿とおろし金を合体させて、ハンドルを握ればしっかり固定することができます。

スピード千切り器について

ワイドスピード千切り器には「太」「細」「極細」の3種類があります。

今回は、にんじんサラダが作りたかったので、「細」をチョイスしました。

▼刃の部分をアップで。

刃は両方向に付いているので、押し引き両方で刻んでくれます。便利です。

さっそく、にんじんを刻んでみました。

▼あとはドレッシングをかけるだけ。

細すぎず、太すぎず、サラダ用に刻むのであれば「細」がちょうど良いと思います。

ざざっと刻んで、ドレッシングをかければすぐにサラダができあがります。

今回紹介した商品はこちら。

▼キャベツスライサーはこちら。

▼千切り器(細)はこちら。

▼受け皿も忘れずに。

The following two tabs change content below.
宇都宮市在住のエンジニア(今のところは)。 趣味はスキー、マラソン、バイクツーリング、料理、カメラ、ガジェットなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」を仕事にするために一念発起し、人生の方向転換中。 もっと詳しいプロフィールはこちら。