EPSONランニングGPSウォッチ SF-810レビュー(レース編1)

シェアする

今日出場した、品川マラソンフェスタで実際に計測しながら走ってみた。

以前の記事はこちら。

趣味でランニングをやってます マラソンを始めてから、かれこれ5シーズン目に突入した。 僕は30台を過ぎて大人になるまで、大した運動は...
SF-810を1ヶ月使用しての感想 購入してから約1ヶ月が過ぎた。 その間にランニング、サイクリング、トレッキングなどで十数回使用し...

大会のレポートはこちら。

今日は大井ふ頭中海浜公園で開催された品川マラソンフェスタに参加してきた。 1月はマラソンのベストシーズン マラソン大会は11月〜3月に開...

30km走って、誤差はどれくらい?

SF-810で計測した結果をRunKeeperにアップしたものが、こちら。

Runkeeper_品川マラソンフェスタ_1

30kmの距離が、30.55kmという結果だった。誤差にして約2%。

2%というと小さく聞こえるが、約500mも差が出てしまうと、ちょっとこれは厳しいなぁ、というのが正直なところ。

フルマラソンだと、+2%すると約43kmになってしまう。

スポンサーリンク

上空の見通しが悪いとGPSがズレる

上の画像にあるように、線がぶれているところとぶれていないところがある。

線のブレが大きいところは木の陰だったり、横に立体交差の道路があったりと、上空の見通しが悪いところでやはりGPSの計測誤差が大きくなる傾向にあるようだ。

今度の勝田マラソンはもっと条件が良い(高い建物が少なく、道が広いため)ので、ここまで誤差が大きくならないかもしれない。

再来週の赤羽ハーフマラソンは河川敷を走るレースなので、そこでの計測誤差もチェックしてみようと思う。

おまけ:心拍測定はどうだった?

同じく、RunKeeperの画面が、こちら。

Runkkeper_品川マラソンフェスタ_2

今回は心拍測定がロストすることは無かった。

ちなみに、AVERAGE PACEのグラフで3ヶ所ほど上に飛び出している(ペースが遅くなっている)ところは、トイレ休憩である。

このトイレが近いというのがタイム短縮のネックだったりもする。

The following two tabs change content below.
宇都宮市在住の元エンジニア、今は無職。 趣味はスキー、マラソン、バイクツーリング、料理、カメラ、ガジェットなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」を仕事にするために一念発起し、人生の方向転換中。 もっと詳しいプロフィールはこちら。