ラン日記:トレラン用ベストは走りやすい

ランニング用品

昨日の熊本城マラソンは、なんとか完走できました。

今回、新アイテムを投入したのは前日の記事で書きました。

ラン日記:明日の熊本城マラソンのために新アイテムを導入
明日はいよいよ熊本城マラソンです。 昨日でランナー受付を済ませていたので、今日は一日中、熊本市内をウロウロして過ごしました。 本当は足が疲れないようにおとなしく過ごさなくちゃいけないんですけど、お天気も良くて、ついつい路...

こちらの記事では、実際に使ってみた感想を書いてみようと思います。

ラン日記:トレラン用ベストは走りやすい

この商品について

こちらの商品、「フリューイッドレースベストパック」という名前だそうです。買う時は名前まで気にしていなかったもので。

フリューイッド(Fluid)と名前にある通り、これはバックパックというよりは、ハイドレーションパックを背負うためのベスト、のようです。

僕はハイドレーションパックはあまり好きではないので、普通に小さなバックパックとして使う予定です。

フリューイッドレースベストパックの良いところ

使ってみた感想です。

  • ベスト式なので、前側にも色々ものを詰めることが出来る
  • 普通のハーネスよりもフィット感が高いので、走っている時にゆらゆら揺れない
  • 小さなポケットが色々付いているので便利
  • バンジーコード(別売り)でさらに積載性がアップできる

マラソン、トレラン用にはちょうど良いサイズだと思います。出来ればバンジーコードも付属して欲しかったです。

ベストとウェストポーチとの比較

これまでは、ウェストポーチに補給食、スポーツドリンク、スマホを詰め込んで走っていました。全部で1kgくらいの重さになっていたと思いますが、それが腰にくっついている状態なので、決して走りやすくはないです。

理想的なランニングフォームは、骨盤が前傾しつつ柔軟に動かすことが必要なので、ウェストポーチはその骨盤の動きを妨げてしまいます。

なるべく腰回りは自由になっている方が良いのです。

ベストとリュックの比較

ランニング用のリュックは色々ありますが、重量バランスが後ろ寄りになってしまうため、猫背になるおそれがあります。

ベスト型だと前側にも荷物が詰められるため、前後の重量バランスを工夫することが出来ます。

また、ハーネスだとベストに比べてフィット感が弱いので、走っている時に不安定になりやすいです。

まとめ:ベスト型は走りやすい

骨盤まわりの動きが制限されず、また前後の重量バランスが安定していて、体にフィットしていたため、これまでのウェストポーチに比べて、格段に走りやすかったです。

僕の場合は、フルマラソンだと補給食を沢山持って走る必要があるため、これくらいの積載量があって、かつフォームが乱れないこのベスト型は買って正解でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました