雑記:区切りとなった日曜日

ひとつ前の記事と二つ前の記事では、僕の部屋にベッドが届いたという話を書きました。

おかいもの日記:無印良品で注文したベッドが届いたのだが、、、
無印良品、といえばレトルトカレー 一人暮らしをしていた時は、かなりお世話になりました。 タオル類とレトルトカレー、あと靴下は僕の中では鉄板です。 そんな無印良品で、今回はなんとベッド一式を買い揃えてしまいました。 無印良品で...
おかいもの日記:無印良品で注文したベッドで問い合わせをしたら
さて、昨日届いた無印良品のベッドが汚れていたので、HPの問い合わせページから商品を交換してもらうようにお願いをしておきました。 そんな昨日の話はこちら。 今日は連絡が来るかな?と淡い期待を寄せながら仕事をしていたところ、...

今までベッドが無かったの?

はい、無かったんです。昨日から一人で自分の部屋で寝ることにしたんです。

昨日は一緒に住んでいる同居人(元恋人)と交際が解消となった日でした。

ちょうど2月は、一緒に住みはじめてから2年が過ぎたところです。

お互いにそれなりの歳ですから、一緒に住み始める=結婚、を考えていた訳です。

しかし一緒に暮らしていく中で、どうしても彼女の行動で受け容れられない点がひとつあって、なんとか直してもらおうとお願いしたものの改善されず、じゃあ僕の方が受け容れられるようになろうと我慢をしてきましたが、無理でした。

こういうのは甲斐性が無い、って言うんですかね。

まあそれで別れるための話し合いをしたのですが、この手の話し合いは円満に話がまとまることは無いでしょう。

色々と外面的、内面的な罵倒を浴びせられました(どうしてそんなにスラスラと悪口が出てくるのか、不思議です)。

しかし、そんな中で発したある言葉が印象に残りました。

「あなたのブログ、誰に向かって書いてるのか良く分からない、意味ないんじゃないの?」

と、そんなことを言ってくれました。

まだ検索エンジンに引っかからない小さなブログですけど、悔しさをバネにこれからもせっせと更新を続けようと決心したのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました