ウィンタースポーツの寒さ対策に、電熱ベストを購入してみた

スキー

北海道のスキー場もオープンするところが出てくる時期になりました。

そこで今回、以前から気になっていた「電熱ベスト」を購入してみました。

この記事では、電熱ベストを自宅で着用してみた感想を紹介します。

ウィンタースポーツの寒さ対策に、電熱ベストを購入してみた

今回購入した商品はこちら。

Amazonで検索すると、似たような商品がいくつもヒットするのですが、レビューの点数などを参考に適当に選んでみました。

商品を選ぶ際は、

  • デザインがおとなしいもの
  • 胸と背中の両方に熱線が入っているもの
  • 手持ちのモバイルバッテリーが使えるもの
  • 不具合の書き込みが少ないもの

といった条件で比較してみました。

試着してみた

届いた商品に不具合がないことを確認するため、商品タグが付いた状態で試着してみました。

左のお腹あたりに内ポケットが付いていて、モバイルバッテリーを収納出来るようになっています。

内ポケット内のUSBケーブルにモバイルバッテリーを繋いで、胸元のスイッチ(三角形のところ)を長押しすると、起動します。

起動してから数分経つと、ヒーター部分がほんのり暖かくなります。

起動中は、胸元のスイッチが点灯します(赤、青、白)。

サイズ感について

今回、Mサイズを注文しました。

僕は身長167cm、体重62kgの普通体型なので、Amazonの商品ページにあるサイズ表を見る限りではLサイズが適正となっていましたが、レビューのサイズ感を参考にして、Mサイズを選んでみました。

実際に着てみたところ、Mサイズでちょうど良いフィット感でした。

Lサイズだったら余裕がありすぎたかもしれません。

モバイルバッテリーの動作確認

電熱ベストの商品によっては、モバイルバッテリーとの相性があるみたいで、ベストの電源が入らない、といった問題が起きるようです。

今のところ、手持ちのモバイルバッテリーを2種類繋いでみたところでは、問題ありませんでした。

モバイルバッテリーはAnkerとRAVPower製のものを試してみました。

ニオイが気になる

なんというか、中国製品特有のニオイがします。

身に付けているとちょっとニオイが気になります。

丸洗いが出来ることになっているので、使用する前に洗濯した方がよいのかもしれません。

ただ、洗濯して縮んだら嫌だな〜と思うので、ひとまず消臭スプレーでニオイ対策をしてみます。

まとめ

商品自体は初期不良もなく、問題なさそうです。

今回は屋内で使用しただけだったので、こんどは屋外で使用したり、手持ちのモバイルバッテリーでどれくらい暖かさが持続するかを調べようと思います。

スキー場のオープンが楽しみです。

今回紹介した商品はこちら

(追記)使用感を書きました。

スキーで使用してみた感想を書きました。

スキーウェアの下に電熱ベストを着て滑ってみた感想
スキーシーズンが始まる直前に、以前から気になっていた電熱ベストを購入しました。ここでは、実際に1シーズン使用してみた感想を紹介します。スキーウェアの下に電熱ベストを着て滑ってみた感想今回購入した商品はこちら。...

コメント

タイトルとURLをコピーしました