スキーウェアの下に電熱ベストを着て滑ってみた感想

スキー

スキーシーズンが始まる直前に、以前から気になっていた電熱ベストを購入しました。

ここでは、実際に1シーズン使用してみた感想を紹介します。

スキーウェアの下に電熱ベストを着て滑ってみた感想

今回購入した商品はこちら。

以前、購入したときに書いた記事はこちら。

ウィンタースポーツの寒さ対策に、電熱ベストを購入してみた
北海道のスキー場もオープンするところが出てくる時期になりました。 そこで今回、以前から気になっていた「電熱ベスト」を購入してみました。 この記事では、電熱ベストを自宅で着用してみた感想を紹介します。 ウィンタースポーツの寒さ対...

はじめに、感想のまとめです。

  • 使い捨てカイロよりも断然暖かい
  • ベスト外側の断熱性能が重要
  • バッテリーの重さが気になる
  • 着心地はイマイチ
  • 1日滑るなら、10,000mAhのバッテリーが2本必要かも

といったところです。

以下、少し詳しく紹介します。

今回の使用環境です。

  • 北海道のスキー場
  • 外気温:マイナス15度〜0度くらい
  • インナー:スーパーメリノウール EXP. ハイネックシャツ
  • ミドラー:U.L.サーマラップジャケット
  • アウター:モンベルのストームパーカー
  • 中の人:身長168cm、普段の洋服はMサイズ
  • 購入した電熱ベスト:Mサイズ

電熱ベストは、ミドラートアウターの間に着用しました。

使い捨てカイロよりも断然暖かい

これまでは、寒いときは背中に使い捨てカイロを貼っていました。

電熱ベストの方が発熱する範囲が広いので、使い捨てカイロに比べて圧倒的に暖かいです。

強さは「弱」「中」「強」の3段階で調節できるため、気温に合わせて調節することで、寒い時でも快適に過ごすことが出来ました。

マイナス10度より寒くなると、「中」では寒いため「強」にしていました。

ベスト外側の断熱性能が重要

電熱ベストはベストの両面(内側、外側)に熱を放出するため、外側に出る熱を上手く閉じ込めておくことが、暖かく過ごすポイントになります。

今回のレイヤリングではアウターの防風性が低いため、風の強いときはあまり暖かさを感じることが出来ませんでした。

試しに電熱ベストの上にダウンを着てみましたが、保温性は高くなったのですが動きづらかったので、やめました。

電熱ベストのサイズを小さめにして、なるべく内側のレイヤーで着るのが良いかもしれません。

バッテリーの重さが気になる

バッテリーは、左のお腹付近のポケットに収納するのですが、10,000mAhのモバイルバッテリーを使用していると、それなりに重さを感じます。

特に、滑っているときは体を前にかがめる姿勢を取るため、お腹付近に重さのある塊があって少し気になります。

はじめは違和感がありましたが、そのうち慣れました。

着心地はイマイチ

機能は良いのですが、着心地はハッキリ言って悪いです。

かなり「なで肩」に合わせたシルエットになっているため、肩〜首周りの形が合いませんでした。

今回はスキーウェアの中に着るので、シルエットの悪さは気にせず使用することにしました。

1日滑るなら、10,000mAhのバッテリーが2本必要かも

バッテリーの消費は、モードによって変わります。

僕が使用していた10,000mAhのモバイルバッテリーだと、

  • 「中」だと4時間くらい
  • 「強」だと2時間くらい

といったところでしょうか。

1日滑る場合は、午前と午後でモバイルバッテリーを1本ずつ消費するくらいでしょう。

ポケットの大きさや重量バランスとの兼ね合いもあるので、大容量のモバイルバッテリーを使用するのは難しいです。

おわりに

今回は電熱ベストがどんなものかを知るために、Amazonでお手頃な商品を購入して試しました。

寒がりの人は、こういうアイテムがひとつあると、冬をかなり快適に過ごすことが出来るでしょう。

あとはデザイン、フィット感の良いものがほしいところです。

来シーズンに向けて、さらに良さそうな商品を探してみようと思います。

今回紹介した商品はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました